2016年1月の香港旅行記です。
二日目に香港島の北角(NorthPoint)へ行っていました。
(その記事は後日改めて)

香港人御用達のグルメアプリ「OpenRice」

ランチのお店をOpenRiceで探しました。
OpenRiceとは香港や台湾などで人気のグルメサイトです。
OpenRiceの解説記事
中国版と英語版があって、地元の人がオススメのグルメ情報をキャッチできるんです!


中国語が得意じゃない人でも英語版と両方使った方がいいです。
いちこは、メニューは漢字で判断して、クチコミは英語で読む、という使い方をしています。

行ったのは潮楽園さん。

image
潮州料理のお店だそうです。

潮州料理とは?


潮州は秦朝以降ずっと広東省に属しているが、言葉は東隣の福建省南部で話される閩南語の一種である潮州語という方言が使われている。この事からも分かるように、もともと民族的、文化的には福建省南部と一体となっている地域であり、食文化も例外ではない。
潮州料理の特徴としては、乾物、魚醤、塩などを使った、うま味と塩味を持った味の煮て作る料理が多いことが挙げられる。もともとの文化、通商の中心地である潮州市は韓江で海とつながっているが、海岸線からは20kmほど内陸にあり、スルメ、干しカキ、魚の干物、乾燥させた浮き袋、ふかひれなどといった海産物系の乾物をよく利用してきた。これらの素材は、煮てやれば、うま味を引き出せるので、スープをはじめとして、比較的あっさりしているが素材のうま味を活かした料理に特色がある。
Wikipediaより

鶏や鴨のローストが人気のお店です。
image


テイクアウトもできます。
春節前だったので、お正月料理の注文も受け付けていました。
image

こちらのお店、香港の十大傑出華商企業に選ばれているんです!
image
これって、すごいことなのではないでしょうか?

式典の記念撮影も飾ってありました!
image


漢字を読む限り、キャッチコピー&食材名ですね。
image

実は、気さくな庶民的な食堂なんですよ~。
image

オーダーしたのは。

牡蠣のお粥

image

牡蠣がプリプリでした!
image

続いて海老ワンタン麺
image

雲呑って、日本で食べるより香港で食べた方が断然美味しいことが多いんですよね。
image
海老がプリプリだったなぁ。

あっさりとした味付けの中にうまみが感じられて本当に美味しかった!
image

鴨の舌のロースト。
image

コリコリしていて美味しかったです!
牛タンよりもコリコリしています。

OpenRiceのクチコミを信じて行ったお店に外れはなし!
こちらも美味しかったです~。

また行きたいなぁ。。。

ちなみに、オーナーのおじいちゃんは春節休暇で大阪へ行くと言っていました。
人気店ですから、儲かっているようですよ!

庶民的な北角はグルメの宝庫!
ぜひ、行ってみてください~。


 
以上、いちこでした~。

航空券購入前にスカイスキャナーで検索比較!
あなたも旅行の達人に♪♪



========================
よかったら、クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。