いちこ見聞録。

旅と登山とグルメとカフェ巡り。ときどき映画鑑賞など。 ミーハーだけど、ちょっと難しい政治経済も取り上げます。

タグ:Mayday

先日見かけたツイッター

いちこが気に入ってる台湾の男性バンドMayday(五月天)が金曲奨でGRAYと共演したというニュースでした。

金曲奨って何?と思って調べてみたら…

1990年にはじまった、かつては中華民国行政院新聞局が、現在は中華民国文化部が主催する音楽の賞である。台湾のグラミー賞とも呼ばれる。
Wikipediaより

台湾政府主催の音楽の賞があるんですね!
歴代の受賞者は中華人民共和国、シンガポール、香港などのアーティストもいます。
中華圏のミュージックアワードといった感じですね。

Maydayは最優秀アルバム賞でした!
おめでとう!!




虎ノ門にある台北駐日経済文化代表処台湾文化センター(名前、長!)では
金曲奨の解説トーク&ライブイベントが開催されるんですって!


これ、すっごく行きたい!
無料だから倍率高そうだな…

台湾のミュージックシーンもどんどん研究してきたいと思ってます!

以上、いちこでした~。

航空券購入前にスカイスキャナーで検索比較!
あなたも旅行の達人に♪♪




ホテルや観光スポットのクチコミはトリップアドバイザーで検索!






========================
クリックするともっと素敵なブログに出会えるかも?!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。











先日、日本武道館で行われた五月天Maydayのライブへ参戦してきました!
image

Maydayとは?

現在のアジア圏において、もっとも巨大なスケールを持っていると言える、1997年結成の台湾出身の5人組ロックバンド。1箇所でのべ5万5555人を動員という台湾における音楽の観客動員記録を持ち、台湾金曲奨の「最優秀バンド」を4度受賞するなど、これまで受賞した音楽賞は国内外で150を超え、ライブ動員数は1,000万人を超えるなど、アジアのスーパーバンドとしての地位を築き上げている 。
日本のアーティストとのコラボも多く、GRAY、flumpool、ポルノグラフティとの共作がある。
Wikipediaより

いちこがMaydayを知ったのは結構最近。
昨年にAmazonで開催された洋楽セールの時でした。
その時のご紹介記事 
分かりやすく、印象的なメロディーがとても心に残ったんです。

今回のライブ参戦は思い切ったところがあったのですが、行って本当に良かったです!!
image

 
五月天Maydayのライブって台湾だとチケットが入手困難だそうで、日本の方が買えるんだそうです。
K-POPアイドルのライブとは真逆だな~という印象でした。

いちこの感想をご紹介。



他のお客さんも楽しかったみたいです。





五月天Maydayのスゴイところは、台湾からファンを連れてきちゃうこと。
ちょうど春節の時期だったので来日しやすかったんでしょう。
(そういう日程を選んだろうな、と思います)

いちこは四方が台湾人に囲まれた席にいました。
みんな大合唱でほんとうにMaydayが大好きな模様。
通路にはなんと大型スーツケースが置いてありました。
(そんなライブは初めてでした)

台湾人のライブ観戦で印象的だったこと

・意外と席を立たず、座って見てる。
・撮影禁止でもスマホで動画撮影。
・日本語トークパートでは日本語で反応。
 (みんな日本語が上手)


2月4日土曜日はポルノグラフティもシークレットゲストとして参戦したらしい。

いちこも観たかったなぁ。

台湾のアーティストライブを日本で開催して、インバウンド需要を狙うのはアリかもしれないですね。
と思いつつも、日本のライブは日本人を集客するべきな気もするし。
結構難しい問題かも。
日本のアーティストの中には海外まで追っかけをしてくるファンに苦言を呈する人もいるそうです。
とはいえ、日本人が行かなかったら集客に苦労するかもしれないし、難しい問題です。

いちことしては、東京で台湾の現地さながらのライブを楽しめたのは大きな収穫でした!
これからもC-POPを色々とチェックしたいと思います!

以上、いちこでした~。

航空券購入前にスカイスキャナーで検索比較!
あなたも旅行の達人に♪♪



========================
よかったら、クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。



↑このページのトップヘ