いちこ見聞録。

旅と登山とグルメとカフェ巡り。ときどき映画鑑賞など。 ミーハーだけど、ちょっと難しい政治経済も取り上げます。

タグ:LCC

本日ご紹介するニュースはこちら。

JALが設立を予定しているLCC子会社ジップエアトーキョーに関するニュースです。
以前、この新会社は欧米などの長距離や中距離路線への就航を目指すと発表されていました。
記事によると2020年に成田〜ソウル、成田〜バンコクの近距離路線をボーイング787の2機でスタートするようですね。

飛行機

日本にはANA系列のピーチ(バニラエアと経営統合予定)や外資系LCCが多数就航しています。

後発組であるジップエアに勝算があるのでしょうか?
いちこはかなり難しいと思います。

ジップエアは他社との差別化を図るため中長距離路線を就航させたいとのことです。
LCCで中長距離路線に乗るのはかなり苦痛です。

ジェットスターの成田〜メルボルン線は正規キャリアのカンタスに格上げされました。
体格の良いオーストラリア人にはLCCが苦痛だったと思います。
いちこも搭乗時に大変だったと記憶しています。

6時間半のフライトであるエアアジアの羽田〜クアラルンプールもいちこは二度と乗らないと思います。

やはりLCCは短距離路線に向いているのです。

ジップエアに勝算があるとしたら、高い定時運航率と低い空席率をいかに確保するかでしょうね。
JALのサービスを提供出来れば可能なのかもしれません。

余談ですが、トーキョーを社名に入れるのなら羽田に就航して欲しいです。
ZINAIRと名前が似ている点も少々心配です。

これからのZIPAIR Tokyoを見守って行きたいと思います。


以上、いちこでした~。

航空券購入前にスカイスキャナーで検索比較!
あなたも旅行の達人に♪♪







========================
クリックするともっと素敵なブログに出会えるかも?!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。



ジンエアー成田~仁川の搭乗記を書きたいと思います!

ジンエアーとは?

大韓航空系のLCC。
日本には成田、関空、新千歳、福岡に就航しています。
LCCなのですが、成田空港では第二ターミナルを利用します。

ジンエアーの良い点

チェックイン時に座席を選べる
LCCは座席を選ぶ際は追加料金が発生します。

チェックイン時にさりげなく希望を伝えることもあるのですが。
日系のピーチは「お客様のプランでは座席指定はできません」ときっぱり言われます。
まぁ当たり前なんですけどね。

その点、ジンエアーは座席を選ばせてくれるので感動モノです!!

預け荷物15キロまでが無料
LCCは荷物を預ける際は追加料金が発生することが多いです。
ジンエアーでは15キロまでが無料でして、ありがたいサービスです。

機内食として軽食が出ます
LCCは機内食が無いことが多いです。
image

ジンエアーは簡単な軽食&お水が提供されます。
image

image

日本と韓国の2,3時間程度のフライトではそんなにガッツリとした機内食はいらないのでちょうどいいのでは?と思います。

シートピッチが狭くない
ピーチや香港エクスプレスに比べると若干広い気がします。

客室乗務員が美男美女
制服がデニムパンツとシャツと細身のジャケットとかなりカジュアルスタイルです。
この制服を着こなすにはスタイルが良くないと難しいのでは?と思います。

ジンエアーの客室乗務員は美男美女が多いんですよね。
特にイケメンCAがいますので、チェックしてみてください!

成田~仁川は1日2往復
Twayやピーチは1日1往復ですが、ジンエアーは1日2往復。
フライトスケジュールが選べて便利です。

※LCCの済州航空も1日2往復飛んでます。

ジンエアーの残念な点

事前チェックインに対応していない。
ソウル駅やCOEXの事前チェックインをジンエアーは出来ないんですよね。
チェジュ航空はできますので、対応されるのは時間の問題かなと思います。
実際にジンエアーのチェックインはかなり込み合います。

おまけ。
ジンエアーでダイバードを体験しました。
いちこの体験記

クルーは頑張ってくれましたが、あと2時間は早く成田へ着陸できたのでは?と思ってしまいます。
ダイバードになるとどうしてもLCCは弱いですね。

いちこのまとめ

同じ料金のLCCならジンエアーはおすすめ!
まだまだ浸透していないからか、成田~仁川の往復は比較的安いです。

ピーチは羽田発着なのがいいんですが、どうも好きになれず…
座席狭いし、荷物の重量が厳しいし、座席選べないし…
何よりLCCなのに人気なのか高いんですよね。

交通費や体力的な負担を考えるとアシアナ航空の方がいちこにメリットがあると最近は考えてます。

皆さんもジンエアーで美男美女の客室乗務員にお会いしてみてください!

以上、いちこでした~。

航空券購入前にスカイスキャナーで検索比較!
あなたも旅行の達人に♪♪






========================
よかったら、クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。

 

本日、ご紹介するニュースはこちら!

確かに、日本国内線もLCCが増えてきましたよね!
成田空港第3ターミナルを発着するLCCも増えてきました。

成田空港の国際線を利用する外国人や成田空港近隣の人は便利です
よね。
でも、果たして大部分の人に便利なのでしょうか?

いちこは地方民にとっては不便なのではないかと思うのです。

大雪で欠航が相次ぐ新千歳空港



先日も大雪で何日間も飛行機に乗れなくて騒動を起こした中国人がいましたよね。
昨日も欠航して、その悪夢がよぎったそうです。

新千歳空港は国際線の就航数が増え、出国審査に時間がかかったり、航空機の全体的な遅延が発生しているようですよね。

新千歳空港に発着するLCCは国内線・国際線を合わせて22路線あるようです。
(成田空港は41路線、関空は53路線)
LCCの増加が新千歳空港の欠航や遅延の原因のような気がします。

LCCは安くても遅延や欠航のリスクが高い

LCCに乗っていると、機材繰りが間に合わなくて遅延や欠航をすることが良くあります。
JALやANAが就航している地域であれば、欠航リスクの回避もできますが、そろそろLCCのみの空港というところも出てきそうな気がするんですよね。

成田空港に関していうと、やはり都心には遠く、羽田空港に比べると利便性が劣ります。
その点からもLCCのみの選択肢というのはやはり地方民には不便なきがするんですよね。

要するに、LCCが就航して喜んでいるのは成田空港からアクセスしやすくなった外国人ということになりそうです。

いちこも東京駅や大崎駅から1000円バスが就航してやっと使うようになりました。
成田空港よりも羽田空港の方が家もオフィスも近いので、できれば羽田空港を利用したいのが本音です。

LCCの欠航や遅延率をどうさげていくのかが今後の課題なのかな、と思います。

2017年のLCC市場がどうなるのか、楽しみにしたいと思います。

以上、いちこでした~。

航空券購入前にスカイスキャナーで検索比較!
あなたも旅行の達人に♪♪



========================
よかったら、クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。


 

本日見つけたニュースはこちら!

image


image


中国路線に就航しているLCCは春秋航空のみだったんですよね。
日系LCCの就航はちょっと嬉しいかもですね。
(日系だから遅延しない保証は全くないのですが)

いちこ、上海へ一回行ったことがあるのですが、埃っぽい街並みが好きになれず、以来行ったことがありません。
喘息持ちなので、空気が汚いところへは行けないという理由が一番大きいですかね。

中国の雄大な自然を見てみたいと思うこともあるので、いつかまた行きたいと思います!

以上、いちこでした~。

昨日見つけたニュースがこちら。
image


LCCが世界最大のアライアンスを作るんだそうです。

今回のアライアンスで乗り継ぎ便の決済が一度で済む利便性が生まれるとのこと。

私はバニラエアとチェジュ航空の利用がありそうです。
台湾のフライトも乗ってみたいと思ってます~。

バニラエアのサイトで他の航空会社のチケットを日本語で購入できるのは良いですね。
日本語ページは日本語がちょっと変だったり、サイトの作りが日本的じゃないことが多いんですよね。

とはいえ、とかく、遅れがちなLCC。
乗り継ぎって現実的じゃない気がしますが、どうなんでしょう?

むしろ、座席指定とかクレカ手数料などポイント決済出来るといいんだけどな~。

このアライアンスについては注目していきたいと思います!

以上、いちこでした~。

突然ですが、皆さんはLCC(格安航空会社)を利用されますか?

先日、LCCに乗ったら、後日ぎっくり腰になってしまいました。

image


もともとは腰痛なんて全然なかった人なので、LCCのインパクトってすごいですね。
まだ完治していないので、腰痛は継続中です。トホホ。。。

まずは
LCC搭乗歴
・ジェットスター
 成田 ⇔ 高松
・バニラエア
 成田 ⇔ ソウル
・済州航空 
 成田 ⇔ ソウル
・ジンエアー
 ソウル ⇔ 済州
・エアプサン
 ソウル → プサン
まずまず乗っていますね。
ジェットスターは搭乗後背中が痛くなったと記憶しています。


1月30日、31日に羽田⇔香港の香港エクスプレスに搭乗しました。
香港エクスプレスはA320で174席。
他のLCCは180席のところもあるそうなので、そんなに狭いわけ
ではなさそうです。

image


とはいえ、シートピッチは広いとも言えません。。。

image

特に座席の角度が直角に近い印象でした。
肩こり防止のために空気を入れて膨らませるタイプの首枕を使っていたのですが、
シートを倒さないとエビぞりな感じなってしまったんですよね。
(腰の位置には丸めたウルトラライトダウンを入れていました)


2月1日以降、肩と肩甲骨のコリを感じていたんですが、
徐々に腰(というか骨盤)が痛くなりました。
歩けるけど、姿勢を変えると腰がピキっとする感じ?
特に寝起きが痛くて、動作が少々のんびりになっていました。
初めての体験ですが、まさしくぎっくり腰。
悪化する前に整骨院へ行ってみました。

相当重症です。
もともと体が凝り固まって腰痛があったところにLCC搭乗がとどめを刺したのでしょうね
以前から相当痛かったのでは?


そう言われても。。。実は、全く痛みを感じなかったのでした。
もともと腰痛がよく分かっていなかったのかな・・・?

デスクワーク&最近は登山していない(=運動不足)が原因と思われます。
まずはストレッチをして股関節の柔軟性を取り戻さねば!
100均チューブトレーニングをまじめに実行します!

そして、登山に行かなくっちゃ!と思いました。
初心者レベルから再開になるので、高尾山からですね。。。

丸&格安旅行にはLCCは不可欠です。
腰を痛めずに搭乗できるように対策を調べ、実行していきたいと思います!


以上、いちこでした~。


========================
ランキング参加中!
よろしければぽちっとご協力お願いします~。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。

↑このページのトップヘ