2016年2月のソウルHISツアー旅行記です~。

今回ツアーで指定された宿泊先はバリツーリストホテルでした。
(「バリ観光ホテル」とも表記されるようです)

ツアー申し込み時に20箇所ぐらいのホテル候補がありました。
仁寺洞
東大門より東部
蚕室など江南周辺
その他

な感じに分けられます。
バリツーリストホテルは「その他」でした。

最寄駅は5号線の遁村洞というところでしたが、初耳です。
image
調べてみると。。。千戸の近く。
ソウル中心部からはかなり遠いです。
5号線が分岐した先にあるので、つまり地下鉄の本数が少ないと言うことになります。

駅からは近かったですし、下町の繁華街でお店は揃っていました。
私が大好きな地元民が通うディープな市場も近所にあったよ。 

今回のツアーは初夢フェアということで2泊3日羽田金浦で帰りも午後~夕方便で
32400円という破格のお値段でしたので、ホテルの多少の不便は仕方ないと思ってました。
が、それでも遠いです。。。

金浦空港から一旦荷物を預けて中心部へ行くなんてまず無理!
帰りもチェックアウト後にホテルに荷物を預けて、フライト時間にピックアップというのもまず無理!

ということで、最低限の荷物(なんと小型リュック&斜めがけバッグ)で
旅行中はうろうろし、ホテル滞在を極力減らしました。
※登山が趣味のため、パッキングの最小限化が得意ないちこです。

バリツーリストホテルのお部屋の様子
image
レトロで、照明を最大にしてもなんとなく暗くてムーディー。
ベッドももともとはダブルベッドを入れていたと思われ、ツインベッドの距離が近い。
部屋はそんなに狭くはありません。
むしろ広いほうかも?

水周りはしっかりリニューアルされていてキレイ。
image
元モーテルだったと思われるバスタブ付きでした。
市販のDoveポンプ式がアメニティとしておいてありました。
image
(こういうところもモーテルぽい)

室内はオンドルが効いていて、掛け布団が薄めでした。
(典型的な日本人の私は冬場は掛け布団が分厚い方が落ち着きます)
簡単に小物を洗濯し、部屋に干していましたが、手洗いの脱水が甘い状態で
翌朝にはほぼ乾いてしまうほどの乾燥ぶり。

小型の冷蔵庫がありました。
image
テレビもあるんですが、新しくないのか、なんだか画質が悪かったです。

なんだか15年以上前の韓国のホテルを思い出しました。
最近はキレイなホテルが増えたし、ゲストハウス泊まってます。

バリツーリストホテル感想まとめ。

・ツアー代金が安いので仕方ないけど、中心部から遠すぎる。
・元モーテルのようなレトロな雰囲気がイヤ。
・部屋はまぁまぁキレイで使いやすい。
・ということで二度と泊まることはないでしょう。

以上、いちこでした~。

海外旅行のホテル予約にはagodaがオススメ!
私も愛用しています~♪


 

========================
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。