いちこ見聞録。

旅と登山とグルメとカフェ巡り。ときどき映画鑑賞など。 ミーハーだけど、ちょっと難しい政治経済も取り上げます。

タグ:玉山登山

私いちこはGWに自力で現地の玉山登山ツアーに申込、登頂してきました!
今回は申込について過去記事をリライトしてご紹介します!
また、ご質問を頂きましたので、一般的な回答として掲載したいと思います!

image

玉山とは

標高3952mの台湾最高峰です。
富士山より高いので日本統治時代は新高山と呼ばれていました。
真珠湾攻撃の暗号「ニイタカヤマノボレ」は玉山を挿します。

玉山国立公園の日本語HP⇒

最も一般的なルートは塔塔加~排雲山荘~山頂のピストンです。
レベルや登山道の雰囲気は八ヶ岳の赤岳に似ているように思います。
途中までは緩やかな登山道で山頂直下だけ岩場があります。
鎖は数か所あるけど使わなくてもOKというレベルです。

日本で収集できる情報が少ない

玉山登山は中高年に人気があります。
(そもそも日本の登山市場を支えているのは山ガールではなくて中高年ハイカー…)
基本的には日本発着のパッケージツアーに参加するのが一般的なようです。
なので、個人参加のブログが大変少ないんですよね。。。
※年代を反映し、個人ホームページは比較的沢山あります。

また、誤った情報を掲載しているサイトも多いのが現状です。
複数サイトを比較してどちらが正しいのか悩むこともたくさんありました。


玉山登山は抽選

まず、玉山は1日辺りの入山者数116名と決められています。
入山者数=排雲山荘の宿泊定員数でして、希望者は玉山国立公園に1か月前までに申請します。
玉山登山は地元の台湾人にも基本大人気なのでほぼ抽選です。

日~木は外国人優先枠が24名分あり、4か月前から先着順で受付となります。
※一部ホームページに25名とありましたが、正しくは24名です。

外国人優先枠に滑り込めないと地元の皆さんと同様に抽選に参加となります。
ハイシーズンは10倍程度になることもあるようです。
例えば、2017年4月30日(翌日がメーデーで祝日)は11倍、いちこ参加の5月1日は6倍でした。

現地の皆さんは複数希望を出しておいて当選したところに登山に行くようです。
それくらい、大人気の山なんですね。

申込状況はこちらから確認できます⇒

玉山登山の参加方法

玉山登山の方法は主に3つの方法があります。
①日本発着のツアーに参加
 メリット:言葉の心配がない。
      バスツアーとなるため、荷物の運搬が楽。
 デメリット:費用が高額(4泊5日で20万円~30万円)
       玉山登山と台北観光がついている程度。
       一人参加がしづらい。(一人料金が別途設定。最低催行人数有)
       申し込みが半年前と相当早い

②現地発着のツアーに参加
 ※日本語が通じる現地代理店もあります。
 メリット:圧倒的に費用が安い。(1泊2日で2万円程度)
      ガイドに経験が豊富なため心配が少ない
 デメリット:現地の参加者がいないと高額になる。
       (1人参加の場合8万円程度と言われました)
       言葉の壁があり、中国語か英語がある程度できないと厳しい。
       荷物の運搬を自分で行う必要有。

③個人で登山をする
  アクセスは阿里山~塔塔加のバスを使えば可能です。
  ※塔塔加から玉山登山口までは自力で歩くことになりますが、結構大変そう。
 
  登山道は整備されており、できなくはないと思います。
  それはルートや山の様子が分かった下山後の感想です。

  玉山国立公園への申込を自力で実施。
  パスポートのコピーや台湾国内の緊急連絡先等を事前に申請しなければなりません。
  玉山国立公園のサイトには日本語で詳しく説明が掲載されています。 
  申込の手間を考えると地元のツアーに参加した方が良いかと思います。

いちこは②現地ツアーに参加を選択しました。
②をもう少し詳しく解説すると…
・台北出発のツアー
 前泊を阿里山でするため、高度順応が可能
 メールのやり取りは英語で可能
 お値段が少し高め
 台北へは日本からアクセスしやすい。

・嘉義出発のツアー
 断然安い。前泊しても約2万円強。
 参加人数が多く、経験が豊富。
 ストックやヘッドライト、大型ザックのレンタルが可能。
 (これらが嵩張るんですよね…)
 嘉義まで自力で行かなければならない。
 メールのやり取りは中国語のみ。

いちこは女ひとりで嘉義出発の玉山登山社のツアーに参加しました。
結果、とても満足が行く内容で参加してよかったと思います。

いちこの旅行費用は航空券、玉山登山ツアー参加費、他地域の宿泊・飲食など観光費用含めて10万以内でした。
日本発着のツアーの半額以下で玉山登山以外の台湾観光も満喫することができました。

玉山登山社は海外送金をしなくてOK

現地の皆さんは事前に銀行振込をするようです。
いちこは外国人のため、特別ルールでした。
海外送金って時間と手数料がとてもかかるんですよね…
クレジットカード番号を事前に連絡し、当日現金払いでした。

玉山登山社はLINEで事前にグループを作ってくれる

申込が確定するとLINEのIDを教えてくれ、こちらのIDを送ると、参加者のグループが作られます。
ここに、注意事項や登山中の写真を送ってくれるんです。
日本のツアーでここまでやってくれるところはないです。
さすが台湾ですね。

台北出発のツアーは若干信用できなかった

某日系代理店は外国人優先枠の空きも調べずに「人気のためまず無理です」と連絡してきました。
いちこ、玉山国立公園のHPで空き枠を確認してあったんです。
一人参加が面倒だったのかもしれませんが、不信感を持ちました。

ちなみに、こちら確実に登山枠を抑えられる5月中旬の日程に玉山登山ツアーを企画していました。
一般的な会社員はGW明けに休暇を取るのは難しいですよね…
5月中旬はシャクナゲの開花がピークを迎えるとありますが、いちこが登ったGWで既に綺麗でした。
(ニヒルな笑いをこぼすいちこ)

現地系台北の登山社は英語でやり取りをしていました。
いちこの英語での質問攻撃が面倒だったのか、途中でフェードアウトしてしまいました…

と、中国でしかやり取りができなかった玉山登山社が一番誠実に対応してくれたんです。
何度も質問しましたが、きちんと回答をしてくれました。
しかも、ネット翻訳の怪しいいちこの中国語にもきちんと返信をしてくれました。
嘉義は台北からはちょっと遠いですが、いちこのおすすめです!

ちなみに、いちこの質問内容は…
・日本人女性一人参加でもOKか?(日本国内で3000メートル級の登山経験あり)
・支払方法って振込?カード?現金?(何度も聞いてすみません)
・当日持参する食糧について(お昼の行動食を持ってこい、とのこと)
・装備について(酸素スプレーを当日に連絡、購入させてもらいました)

一人参加になったのは申請のやり取りをしている間に外国人優先枠があと1人となってしまったからです。
(行く気になっていた友人、本当にごめんなさい…)

実際の抽選結果は1か月前になっても台湾の祝日の関係で3日ほど連絡が来ませんでした。
4月4日にめでたく当選結果連絡を頂き、正式な申し込み手続きをしました。

玉山登山社への申込は2回必要

1回目は玉山国立公園への申請、2回目は当選後の玉山登山社への申請です。
玉山国立公園への申請時にはパスポートのコピーも必要となります。
書類は漢字なので中国語ができないいちこも問題ありませんでした。

質問への回答

過去記事にご質問を頂いておりましたので、回答を一般化して掲載します。


外国人枠って先着順ではないの?

先着順です。
ですが、現地の台湾人の抽選結果が出ると外国人も同時に登山OKの連絡が来ます。
登山社からのメール件名が「抽選結果」となっていました。



旅行社の登山ツアーは毎日出発しているの?


現地の登山ツアーは土日をメインに開催されていますが、平日開催もあります。
但し、定員に満たない場合は参加料金が高額になる場合があります。
いちこの参加時は平日でしたが、祝日の翌日だったこともあり、満員でした。



いちこの中国レベルは?


漢字が読める程度(笑)なので全くできません。
メール文書はエキサイト翻訳の繁体字を愛用していました。
会話になるとかなりさっぱりだったのですが、なんとなく言いたいことも分かりました。
ツアーの参加者のほとんどが英語ができたので、英語で会話していました。
皆さん、ありがとうございました~。


もしご質問を頂きましたら回答を追記していきます。
玉山登山はとても素晴らしいので、ぜひチャレンジしてみてください!


以上、いちこでした~。

航空券購入前にスカイスキャナーで検索比較!
あなたも旅行の達人に♪♪




ホテルや観光スポットのクチコミはトリップアドバイザーで検索!






========================
クリックするともっと素敵なブログに出会えるかも?!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。







私いちこはGWに自力で現地の玉山登山ツアーに申込、登頂してきました!
今回は申込から出発と解散についてご紹介します。

image

日本で収集できる情報が少ない

玉山登山は中高年に人気があります。
(そもそも日本の登山市場を支えているのは山ガールではなくて中高年ハイカー…)
基本的には日本発着のパッケージツアーに参加するのが一般的なようです。
なので、個人参加のブログが大変少ないんですよね。。。
※年代を反映し、個人ホームページは比較的沢山あります。

また、誤った情報を掲載しているサイトも多く、複数サイトを比較してどちらが正しいのか悩むこともたくさんありました。


玉山登山は抽選

まず、玉山は1日辺りの入山者数116名と決められています。
入山者数=排雲山荘の宿泊定員数でして、希望者は玉山国立公園に1か月前までに申請します。
玉山登山は地元の台湾人にも基本大人気なのでほぼ抽選です。

日~木は外国人優先枠が24名分あり、4か月前から先着順で受付となります。
※一部ホームページに25名とありましたが、正しくは24名です。

外国人優先枠に滑り込めないと地元の皆さんと同様に抽選に参加となります。
ハイシーズンは10倍程度になることもあるようです。
例えば、2017年4月30日(翌日がメーデーで祝日)は11倍、いちこ参加の5月1日は6倍でした。

現地の皆さんは複数希望を出しておいて当選したところに登山に行くようです。
それくらい、大人気の山なんですね。

玉山登山の参加方法

玉山登山の方法は主に3つの方法があります。
①日本発着のツアーに参加
 メリット:言葉の心配がない。
      バスツアーとなるため、荷物の運搬が楽。
 デメリット:費用が高額(4泊5日で20万円~30万円)
       玉山登山と台北観光がついている程度。
       一人参加がしづらい。
       申し込みが半年前と相当早い

②現地発着のツアーに参加
 ※日本語が通じる現地代理店もあります。
 メリット:圧倒的に費用が安い。(1泊2日で2万円程度)
      ガイドに経験が豊富なため心配が少ない
 デメリット:現地の参加者がいないと高額になる。
       (1人参加の場合8万円程度と言われました)
       言葉の壁があり、中国語か英語ができないと厳しい。
       荷物の運搬を自分で行う必要有。

③個人で登山をする
  アクセスは阿里山~塔塔加のバスを使えば可能です。
  ※塔塔加から玉山登山口までは自力で歩くことになりますが、結構大変そう。
 
  登山道は整備されており、できなくはないと思います。
  それはルートや山の様子が分かった下山後の感想です。

  玉山国立公園への申込を自力で実施。
  パスポートのコピーや台湾国内の緊急連絡先等を事前に申請しなければなりません。
  玉山国立公園のサイトには日本語で詳しく説明が掲載されています。 
  申込の手間を考えると地元のツアーに参加した方が良いかと思います。

いちこは②現地ツアーに参加を選択しました。
②をもう少し詳しく解説すると…
・台北出発のツアー
 前泊を阿里山でするため、高度順応が可能。
 メールのやり取りは英語で可能
 お値段が少し高め

・嘉義出発のツアー
 断然安い。前泊しても約2万円強。
 参加人数が多く、経験が豊富。
 ストックやヘッドライト、大型ザックのレンタルが可能。
 嘉義まで自力で行かなければならない。
 メールのやり取りは中国語のみ。

いちこは嘉義出発の玉山登山社のツアーに参加しました。
結果、とても満足が行く内容で参加してよかったと思います。

いちこの旅行費用は航空券、玉山登山ツアー参加費、他地域の宿泊・飲食など観光費用含めて10万以内でした。
日本発着のツアーの半額で玉山登山以外も満喫することができました。

玉山登山社は海外送金をしなくてOK

現地の皆さんは事前に銀行振込をするようです。
いちこは外国人のため、特別ルールでした。
海外送金って時間と手数料がとてもかかるんですよね…
クレジットカード番号を事前に連絡し、当日現金払いでした。

玉山登山社はLINEで事前にグループを作ってくれる

申込が確定するとLINEのIDを教えてくれ、参加者のグループが作られます。
ここに、注意事項や写真を送ってくれるんです。
日本のツアーでここまでやってくれるところはないです。
さすが台湾ですね。

台北出発のツアーは若干信用できなかった

某日系代理店は外国人優先枠の空きも調べずに「人気のためまず無理です」と連絡してきました。
いちこ、玉山国立公園のHPで空き枠を確認してあったんです。
一人参加が面倒だったのかもしれませんが、不信感を持ちました。

ちなみに、こちら確実に登山枠を抑えられる5月中旬の日程に玉山登山ツアーを企画していました。
一般的な会社員はGW明けに休暇を取るのは難しいですよね…
5月中旬はシャクナゲの開花がピークを迎えるとありますが、いちこが登ったGWで既に綺麗でした。
(ニヒルな笑いをこぼすいちこ)

現地系台北の登山社は英語でやり取りをしていました。
いちこの英語での質問攻撃が面倒だったのか、途中でフェードアウトしてしまいました…

と、中国でしかやり取りができなかった玉山登山社が一番誠実に対応してくれたんです。
何度も質問しましたが、きちんと回答をしてくれました。
しかも、ネット翻訳の怪しいいちこの中国語にもきちんと返信をしてくれました。
嘉義は台北からはちょっと遠いですが、いちこのおすすめです!

ちなみに、いちこの質問内容は…
・日本人女性一人参加でもOKか?(日本国内で3000メートル級の登山経験あり)
・支払方法って振込?カード?現金?(何度も聞いてすみません)
・当日持参する食糧について(お昼の行動食を持ってこい、とのこと)
・装備について(酸素スプレーを当日に連絡、購入させてもらいました)

一人参加になったのは申請のやり取りをしている間に外国人優先枠があと1人となってしまったからです。
(行く気になっていた友人、本当にごめんなさい…)

実際の抽選結果は1か月前になっても台湾の祝日の関係で3日ほど連絡が来ませんでした。
4月4日にめでたく当選結果連絡を頂き、正式な申し込み手続きをしました。

申込は2回必要

1回目は玉山国立公園への申請、2回目は当選後の登山社への申請です。
玉山国立公園への申請時にはパスポートのコピーも必要となります。
書類は漢字なので中国語ができないいちこも問題ありませんでした。

登山や装備については別記事でご紹介します~。

以上、いちこでした~。

航空券購入前にスカイスキャナーで検索比較!
あなたも旅行の達人に♪♪




ホテルや観光スポットのクチコミはトリップアドバイザーで検索!






========================
クリックするともっと素敵なブログに出会えるかも?!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。

今週末から日本はGWを迎えます。
早いもので1年の三分の一が終わろうとしています…(汗)
2017年のいちこは大きな目標達成が既に見えているのですが、引き続き頑張って行こうと思います!

GWにいちこは台湾へ行ってきます!
春節

韓国へ行きたい気持ちももちろんありましたが、航空券が結構高かったんですよね…
昨今の北朝鮮情勢が気になるところですが、韓国旅行って実は人気なんですよね。

ということで。
今回のいちこの台湾旅行の最大の目的は玉山登山です!
 登山

玉山とは?
 

台湾のほぼ中央部に位置する山。標高は3,952mと台湾で最も標高が高い。周囲は台湾自然生態保護区となっている。(中略)1941年12月2日に発令された日米開戦の日時を告げる、大日本帝国海軍の暗号電文『ニイタカヤマノボレ一二〇八』の「ニイタカヤマ」とは、当山のことである。
Wikipediaより


なんと日本一の富士山より高い山なんです。
標高は3952メートルもあります!

玉山登山は入山者数に制限があり、多くなった場合は抽選なんですね。
実は6年前に抽選に外れ、登れなかったことがあります。
今回は入念にリサーチをして臨むことにしました!
(玉山登山申し込みについては追ってご紹介しますね!)

いちこは中国語は超初心者ですが、なんと今回は現地ツアーに一人で飛び込みます!
オール中国語で1泊2日の登山、心配だらけです。
ですが、台湾の皆さんは優しいですし、おそらく英語ができる人がいるはず!
なんて言っても漢字の国同士!
最後は筆談で頑張ろうと思います。

街としては台北→嘉義→台中→台北と回る予定です。

今週は仕事を頑張りつつも、旅行の支度に精を出したいと思います!

以上、いちこでした~。
航空券購入前にスカイスキャナーで検索比較!
あなたも旅行の達人に♪♪




ホテルや観光スポットのクチコミはトリップアドバイザーで検索!






========================
クリックするともっと素敵なブログに出会えるかも?!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。

 

↑このページのトップヘ