2014年9月の済州旅行で憧れの韓国最高峰ハルラ山を登頂してきました~
登山を趣味としている私もなかなかハードな登山でした(;´д`)

ハルラ山の登山コースは全部5つあります。
今回は観音寺コースから上がり、城板岳コースで下りました~

朝5時、済州市外バスターミナル前からタクシーで観音寺登山口まで移動。
30分かからず到着。
結構な数の車が駐車場にはあり、テントも張ってありました。
6時過ぎには登山開始。
はじめはヘッドライトを使用して登りました。

私、前日になかなか眠れなかったので、
テンション上がらず、はじめは相当辛かったです…
2c8720a5.jpg


はじめはだらだらとした道を上がりますが、少しずつ岩のところも出てきました。

植生は日本と似ていますね。

a271ab8c.jpg


途中、案内板が数多くあり、次のところまであと○分とか距離など書いてあります。

ハルラ山は日帰りのみとなっており、入山時間が季節によって決められています。
途中のポイント(避難小屋など)に○時○分までに到着しなければこれ以上は登らないで下さい、という注意書きがあります。

d66e990c.jpg

途中にある小屋まで運ぶ際に使っていた簡易リフト。私も乗せて欲しい…
こちらの小屋にはトイレはありました。
下界は半袖OKでしたがこちらは寒くて上着が必要なくらいでした。

0cdbe909.jpg


雲が多かったけど、たまには青空も。
ここから残り3分の1くらい。
あまりにも余裕がなく、写真がありませんが、かなり急な階段と岩場になりました。
そうなるとテンションが上がり、ピッチが早くなる私(;´д`)
同行者よりも先に歩き始めました。
そうするとすれ違う人から「一人で来たの?」と聞かれます。
アジョッシ一人は一般的でも若そうな(みえる)女性一人は心配されるようです。

6時15分頃登山開始から11約5時間15分の時半に山頂着!
頑張ったなー、私。
山頂についた頃には急速に雲がなくなりました。
同時間帯にハルラ山山頂方向を見ていた方によると私達が山頂にいた頃晴れて来たんだそうです!!!


6f60f860.jpg


この写真を撮るために10分くらい並びました。
山頂はなかなかの人だかりでした。

ちなみによく韓国人に間違えられる私ですが、登山服では日本人と一発で分かるそうです。
「日本では山ガールファッションが流行ってるのよねー」と言ってた。
今回は山ガールファッションではないけど、短パンは少なかったなぁ。

済州は雨が多いから行けないかも…と心配してました。
人気ドラマ「私の名前はキム・サムスン」のハルラ山山頂シーンは暴風雨でそんなのが一般的なのかと思っていたので…
2b03451a.jpg

韓国で登山といえばマッコリが付き物。
済州マッコリを頂きました~
※一人で飲んだわけではないです。

山頂は広々としていますが、トイレはありません。
95cf0828.jpg


なかなか見ることが出来ないお釜もバッチリ!
0e57b17d.jpg


ハルラ山が火山だった証拠ですよね。

0494e406.jpg


城板岳コースで下山。
途中に済州市街が見えてきました。
城板岳コースは観音寺コースより簡単でバスでアクセスできるため、とにかく人が多いです。

a5a5b658.jpg


帰れないかも、と思うくらいかなりキツかったのですが、17時前になんとか下山しました。

今回行くチャンスを頂けて同行者の方に感謝です!貴重な体験でした!
しかも日程が決まっているなか、晴れの日に登れて良かったです。

今後登られる方のために気づいたことを書きます!
【ハルラ山登山のメモ】
☆登山装備が必要
登山道は整備されていますが、足首をホールドし、分厚い底の登山靴が必要です。
下りが長いので登山ストックをお勧めします!
ただし、60センチ以上のストックは国際線で持ち込み不可になります。

☆荷物が増える
旅行用の荷物にプラスして登山用品が…
古いものを持っていって現地で捨てたり、
ウェアなどある程度代用することも大切です。
済州市内のマートでは登山用品が沢山売られています。

☆トイレは数ヶ所あり。城板岳コースの小屋では軽食も販売。
日本のように山頂に山小屋はありません。

☆地図はないけど、案内板は整備されています。
登山道は迷いようがないからか市販されている地図はありません。

☆初歩的な韓国語知識は必要
英語表記もありますが、韓国語のみで書かれているところもあるので韓国語が出来た方が良いかも。
万が一、救助要請が必要な場合は韓国語出来ないと困りますよね。
登山客は韓国の若者も多いので英語も通じそうです。

☆韓国人は軽装&歩くのが早い
スニーカーやタンクトップ&短パンで水だけもって登る人もいました。
雨降ったらどうするだろう?と思いつつ…
日本人は装備がきちんとしている人が多いですが、重すぎるのも良くないですよね。

☆ソウルから日帰り登山はほぼ無理。
城板岳コースは市外バスターミナルからバスで登山口まで行けます。
バスの本数もありますが、さすがに日帰りは難しいかな…

個人で行く場合は、日本である程度登山経験(東京近郊なら奥多摩や丹沢など)があり、韓国や韓国語が分かる同行者がいた方が良いと思います。

次は雪岳山行きたいです!!!
今年行けるかな???




にほんブログ村