いちこ見聞録。

旅と登山とグルメとカフェ巡り。ときどき映画鑑賞など。 ミーハーだけど、ちょっと難しい政治経済も取り上げます。

カテゴリ: ♪♪韓国/江原道

とっても懐かしい2月の江陵ソウル旅行記です~。

ちなみに江原道という韓国北西の地方がありますよね?
ここって、江陵+原州で江原道というんですって!
ご存知でした??
東京都大田区みたいですね~(旧大森区+旧蒲田区で大田区)

いちこは江陵へ行くのは初めてでした。
江陵と言えば、カフェが有名でカフェ通り という素敵なところもあります。

ですが…いちこはフィギュアスケート観戦で精いっぱい。
(翌日は6時40分発のバスに乗りました…) 
ならば…

江陵でカフェを楽しむのは無理ですね。

無理なことはない!!
探せば、バスターミナル近くにあるかも!!

と、お得意のネット検索をしまくってみたところ、
ありました~。

Coffee Cupperさんです。
ハングル表記:커피커퍼 교동점)

image

もちろんカフェ通りにお店があるのですが、バスターミナル近くにもお店があったんです♪
バスターミナルから徒歩10分ほど。

とっても素敵な店内でした♪
image

image

image


お客さんはアジョッシグループ。
皆さん、コーヒーがお好きなんですねぇ。

いちこがオーダーしたのはアメリカ―ノ。
店内で頂いたのですが、ほんのちょっとしか店内にいられなかったので、テイクアウト用のカップにしていただきました。
image


とっても美味しいコーヒーでした!
コクがあるのにソウルのように濃すぎないんです!!
(もちろんかつての韓国コーヒーのように薄すぎるわけでもないです)

いちこ、苦すぎる珈琲が苦手でコーヒーをゆっくり飲みます。
こちらのコーヒーはちょうど良い濃さで味わいつつも一気飲みできました!

そして、ソウルほど高くないものいいですね!
(アメリカ―ノは3800ウォンだったかな?)

いちこ、四大陸フィギュア選手権を観戦し、とても感動しました!
観戦ルポはこちらから⇒
2018年の平昌オリンピックを観戦しに江陵へ行かれる方も多いと思います。

個人で移動する多くの方はバスターミナルを利用することになりますので、ここのカフェを覚えておくといいですよ~。

レモネード用かな?
image

ワインも置いてありました。
image

ウェブサイトはこちら⇒ 

以上、いちこでした~。

航空券購入前にスカイスキャナーで検索比較!
あなたも旅行の達人に♪♪




ホテルや観光スポットのクチコミはトリップアドバイザーで検索!






========================
クリックするともっと素敵なブログに出会えるかも?!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。


 

2017年2月のソウル・江陵旅行記です。
この旅行の最大の目的は四大陸フィギュアスケート選手権2017を観戦すること!

いちこはミーハーなので、フィギュアスケートが大好き。
日本では人気が高く、入場券はプラチナチケットですよね。
日本での観戦は夢のまた夢でした。

韓国ではまだそんなに人気が高くなく、INTERPARKで購入できると聞いたのです!
INTERPARKはミュージカルや舞台の入場券を購入するサイトでいちこは利用歴があります。
日本語ページもあり、クレジットカード決済ができるんですね!
1月にサイトを覗いてみてもまだまだ残席があり、思い切って購入しました。

日本からはHISなどの旅行会社主催ツアーがいくつか来ていました。
韓国人ガイドさん1人と日本人数人という個人ツアーも見かけました。

江陵はめぼしいホテルが大会関係者やツアーに抑えられ、ゲストハウスのドミトリーしか予約できませんでした。
宿が取れなくて、ソウルから日帰りした人もいたそうです。
宿問題は五輪の課題になりそうです。

いちこが観戦したのは下記の2つ。
男子フリー 20,000ウォン席
エキシビション 10,000ウォン席。

いちこ、実はケタを間違えていて、20万ウォンと10万ウォンだと勘違いしていたんです。
外国人料金で高いな~と思っていたのですが、むしろ日本よりもお買い得でした!
一番高い席は5万ウォンでしたが、上記2つは完売でした。
どうやらプレ五輪大会ということで抑えめの価格だったようです。

江陵市民にそうとうバラ撒かれたそうですが、空席が目立ちました。
当日は完売表示が出ていて、残念がっていた人も多く、とても残念でした。
ちなみに、男子フリーよりもエキシビションの方が埋まっていました。
他のプログラムはガラガラだったそうです)

男子フリーは審判の顔が見える南側の2階席。

正面に大型モニターがあり、とても見やすかったです!
(この席はお値段がそんなに高くなくてオススメかも!)

エキシビションはカーブのあたりの西側かなり後方。

モニターが小さくてちょっと見辛かったかな?
それでも前の人の頭に隠れて見えないということはありませんでした。

実際の観戦は感動モノ
選手のスケート靴の刃の音やBGMの音響が素晴らしく、臨場感にあふれています!
いちこみたいな2階席でも選手の姿は大きく見えましたよ!

キスアンドクライでの選手が一喜一憂する様子や、プレゼントを(羽生選手向けのプーさんの量!)回収する姿などはテレビ観戦とは一味違う印象でした。
ただ、ジャンプの種類までは分からなくてテレビの解説が聞きたかったなぁと思いました。

わざわざ江陵まで行った甲斐がありました!
11時から20時過ぎまで途中2時間ほどの休憩をはさんで疲れるかと思いましたが。
興奮していてあっという間に時間が過ぎてしまいました!

初めての江陵まで一人での移動など、緊張する場面もありましたが、無事に乗り切れました。
江原道公式ブロガーのカヨンさんに現地でお会いしたり、色々と助けて頂きました!!
(なのに、最後の最後にダイバード…)

最後に、羽生選手をはじめ出場選手たちの写真を!!
image
image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

平昌五輪も観たいな~。
チケットとれるかしら???

以上、いちこでした~。

航空券購入前にスカイスキャナーで検索比較!
あなたも旅行の達人に♪♪






========================
よかったら、クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。

 

2017年2月のソウル・江陵旅行記です。
この旅行、いちこの最大の目的は「四大陸フィギュアスケート選手権」の観戦でした。
image

 
今回は、江陵アイスアリーナへのアクセスや会場について記載しますね!
image

平昌五輪もスケート会場は江陵

平昌オリンピックはスキー競技は平昌、スケート競技は江陵で開催されるようです。
平昌と江陵は高速バスで1時間もかからない距離ではありますが、ご注意を。

現状、江陵の方が平昌よりも街の規模が大きくてソウルから行きやすいです。

江陵へのアクセス

ソウルからは主に3種類のアクセス方法があります。
①江南バスターミナル(高速ターミナル駅に隣接)よりバスに乗車。
 所要時間2時間40分
 優等(3列シート)21,500ウォン。
②東ソウルバスターミナル(江辺駅に隣接)よりバスに乗車。
 所要時間2時間30分
 一般(4列シート)14,600ウォン 
③鉄道に乗車
 ソウル東部清涼里(チョンニャンニ)駅からムグンファ号に乗車
   所要時間6時間20分←非現実的

韓国は鉄道よりも長距離バスが発達しています。
バスの本数は多く、ソウル~江陵は往復ともに20分~30分おきにあります。

ちなみに、仁川国際空港からもバスはあります。
(金浦空港経由) 
所要時間3時間30分。
26,800ウォン。
60分~120分間隔 

江南バスターミナルから行くのが一番便利かと思います。

バスチケットの購入方法

2017年2月現在、外国人はオンライン購入不可です。
バスターミナルの販売所で直接購入しなければなりません。
※クレジットカードは使えます。
イベントが重なったり、本数が少ないけど人気な全羅道方面(湖南線)は満席になることもあるんですよね。
KOBUSのサイトで空席状況を確認することができます。
韓国語と英語があります。
英語のページ 
今回の江陵行きは朝6時台と7時台の空席が少なくて本当にあせりました。
image
これは残席の数が表示されていまして、赤字は満席と書いてあります。
いちこは前日土曜日の午後に6時40分発を購入できました!

2017年春にはKOBUSが外国人オンライン購入に対応予定ということです。
KORAILは買えますし、買えるようにしてほしいものです。

韓国観光公社日本語ブログには江陵行きのバスが取れないときは原州乗り換えで、とオススメしていました。 
ご紹介ページ 
このサイトが一番親切に教えてくれたように思います。

江陵バスターミナル

高速ターミナルと市外ターミナルが隣接しているので、ご注意。
いちこは高速ターミナルを利用しました。
トイレはまぁまぁ綺麗。
コインロッカーはなし。(のように思う)
待合室やいくつかの売店がある。
結構古いのですが、五輪までに建て替えはしないんですかねぇ?

バスターミナル周辺はカフェや食堂、コンビニあり。
※同じ江原道でも束草高速バスターミナルの方が周辺が栄えていたように思います。

江陵バスターミナルからスケート会場へのアクセス

(2017年2月現在)
江陵バスターミナルからタクシー利用となります。
※フィギュアスケート会場は「アイスアリーナ」という名称ですが「アイスアレナ」と言うと通じます。

小さめの丘を越えていきますので、徒歩移動は難しいです。

四大陸選手権時はシャトルバスが出ていましたが、日本からは全く情報を入手できず。
路線バスが臨時で会場近くを迂回していましたが、情報は全くありませんでした。

江陵バスターミナルには観光案内所らしきものはなかったように思います。
当然、フィギュアスケート大会関連の案内掲示板もなし。
日本からはツアー客が多かったので、私のような個人は少なかったように思いますが…

江陵アイスアリーナについて

会場内は飲食禁止。
荷物に食べ物があると、会場内では食べないように注意されます。
かといって、会場周辺に食堂は無。カフェ1軒のみ(2017年2月現在)
会場内にアメリカンドッグなどの軽食スタンドが数軒あり。
ドリンクの自動販売機はあったような・・・
と、間食天国の韓国とは思えない質素な感じです。

コネストの江陵アイスアリーナ紹介ページ
2017年2月現在、何も書いてません。。。

会場内は寒いです。
四大陸選手権ではひざ掛けが必須でした。
この大会では応援用の旗を貸してくれたのですが、これが防寒効果ばっちりでした!

施設が新しいので、トイレは綺麗で数も多い。
でも、すでに故障しているものもアリ(汗)

大きな荷物(スーツケースなど)は会場で保管してくれた。
バスターミナルにはコインロッカーはありませんでした。

四大陸選手権はプレ五輪大会の位置づけだったので、反省点はオリンピックに生かしてほしいですね。
オリンピック時には変更点もあると思いますが、参考にしていただけたらと思います。

おまけ バス路線や時刻表の調べ方

ソウルナビやコネストにも記載はありますが、一部情報のみ。
ソウルまたは空港から地方都市は書いてあっても地方都市間の移動については書かれていません。

ここはNaverやKOBUSサイトで調べることになります。
Naverは韓国語のみ、KOBUSは韓国語と英語のみにしか対応していないので、ちょっとハードルが高いかもしれません。

以上、いちこでした~。

航空券購入前にスカイスキャナーで検索比較!
あなたも旅行の達人に♪♪






========================
よかったら、クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。





2016年シルバーウィークの江原道・ソウル旅行記です。
束草名物といえばアバイスンデとオジンオスンデをあげたいと思います!
image 

スンデとは?


 スンデ(순대)は朝鮮の食べ物。形はソーセージに類似する。中国にも類似のものがある。豚の腸に、豚の血液、餅米、刻んだ香味野菜、唐麺(デンプンで作った麺。チャプチェなどに使われる)などを入れた後、蒸して作る。切った後に、調味塩(塩と胡椒)を添え、軽食として食すのが一般的。炒めもの、和え物、スープ、鍋物に入れるなどして一品料理として、専門的に扱う店もある。スンデは朝鮮半島北部の名物料理で、平安道の「アバイスンデ」、黄海道の開城スンデ、忠清道の並川スンデなどが有名。
Wikipediaより 

アバイスンデとは?


「アバイ」は朝鮮半島の最北部、咸鏡道[ハムギョンド]地方の方言で「おじさん」「おじいさん」を意味します。スンデはもともと咸鏡道の郷土料理でもありましたが、朝鮮戦争により北部から避難してきて戦争後、帰れなくなるなどして南部に住み着いた、いわゆる「失郷民[シリャンミン]」たちが作った咸鏡道式のスンデを、「アバイスンデ」と呼んでいます。アバイスンデの特徴は、具にもち米が使われているところ。
モランボン薬念研究所サイトより

束草には北朝鮮から避難してきた人達が住み着いた「アバイ村」があります。
image
こちらは観光名所となり、アバイスンデを提供する食堂が沢山あるんです!

また、束草ではオジンオスンデというちょっと変わり種のスンデがあるんですね。
烏賊に具材を詰めた後、スライスして卵の衣を絡めて焼いたものなんです。

いちこはスンデが大好き!
アバイ村へ行ってみることにしました。

諸般のスケジュール上、ソウルへ戻る午前中しか行けそうになかったので、遅めの朝ご飯として行ってみました。
一番有名な端川食堂へ10時20分に行ってみたところ… 

まだ空いていませんでした。
コネストには9時オープンと書いてあったのに~。
コネストのご紹介 
平日でしたし、予定通りにオープンしない韓国あるあるです。

諦めきれず、アバイ村をうろうろしてみたところ…
一人アジョシが入っているお店を見つけました!
アジュンマが声をかけてくれたので、入ってみました!
image
image
image


メニューはスンデッククもありますね。
image

 
アジュンマお勧めのオジンオスンデとアバイスンデの盛り合わせをオーダーしました。
image

今まで食べたことが無いくらい美味しいスンデでした!!
アバイスンデはもちもちしていて、固くないんです。
image
オジンオスンデは卵の衣が優しく包んでいて、美味しかったです。
(このブログ記事を書いている今でも思い出され、食べたいです。。。)

こちらのお店、パンチャンも美味しかったです!
image
image

image
お店はアジョシとアジュンマの夫婦が切り盛りしているようです。
アジュンマがメインで調理されています。
アジュンマは本当に働き者でした。
たまたまですが、冷蔵庫から取り出したスライスチーズが床に落ちたのですが、一枚ずつ拭いてしまっていたんですよね。
商売だからだと思いますが、いちこだったらたぶんしないです。

アジョシもサーブしたり、ちょうど搬入された大量の分葱がを運んだり、せっせと働いていました。
アジョシは穏やかな話し方をする方でした。
なので、サラリーマンで早期退職されたように感じました。

束草、本当に美味しい料理が沢山ありました。
image
江原道は平昌オリンピックが近づいてきて、とても盛り上がっているので、ぜひ行ってみてください~。
image

お店の情報はこちら!

북청전통아바이순대
강원 속초시 아바이마을길 27-33복사 청호동 918
영업시간  08:00 - 22:00

年中無休




以上、いちこでした~。

航空券購入前にスカイスキャナーで検索比較!
あなたも旅行の達人に♪♪



========================
よかったら、クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。


2016年5月のピーチ弾丸ソウル旅行記です。
いつの内容?という気がしますが、地道にご紹介していきますのでよろしくお願いいたします。

日曜日、朝から春川へ行きました~。
いちこの韓国語の先生は春川出身なんです。
色々とお話を聞いていて行ってみたいと思っていました。
冬は極寒そう・・・ということで初夏に行くことにしました。

春川駅です。新しくて立派でした。 

image

駅中にはコンビニStorywayなどはありますが、コインロッカーはありません!!
駅前にある観光案内所で預かってもらうしかないかもしれません。
いちこはリュックだったので、仕方なく持ち歩きました。
ちなみに、観光案内所のオープンは9時です。


春川へは京春線のITX青春号で行きます。
この電車、とっても人気なんですね!
週末は込み合いますので、事前にKORAILサイトで予約されることをお勧めします~。

image

いちこ達は春川駅発春川駅着のシティーツアーバスに乗ることにしました。
韓国観光公社のサイトで調べた時は9時半発だったのですが、9時発となってます。。。

image

観光案内所は開いていない(当時9時前)だったので、観光案内電話1330に電話したところ…
このバス停の時間が正しいとのこと。(おいおい)
バス乗り場について説明を受けたのですが、イマイチ日本語が通じず…
(ちなみに韓国語も交えました)

「近くの韓国人に代わってください」と言われました(汗)
近くの韓国人とは食堂のアジョシとなりました。
その後、バス停まで連れて行ってくれました。
ありがとうございました。

韓国地方を旅していてよく思うのが、地方の観光情報が杜撰であること。
変更したならサイトも更新してほしいのですが・・・

あとは、コインロッカーか荷物預かりをきちんと整備してほしいです。
(これは日本も同じですね)
もう一つは地方から地方のバスや電車のアクセス情報を整備してほしい・・・
みんなが空港から行くわけではないんですよ~。
(一度空港に戻れとでもいうのでしょうか???)

話が逸れました。
春川駅前は食堂数軒以外何もありません。
コンビニへ行こうとしたら、駅に戻る必要があります。

数少ない食堂で朝ご飯。
春川名物のマッククス。

image

バスまでの時間が無くて大急ぎで食べたのがもったいないくらい美味しかったです!!
赤蕪が良いアクセントになっていました。

この水キムチも美味しかったです~。
image

自家製のお酒が沢山。
image

お店はこちら。
チョンナム食堂さんです。

image


朝から春川名物のタッカルビを食べてる方もいらっしゃいました。

春川駅1番出口を降りると、ロータリーに出ます。
左側に食堂が2軒ほど見えますが、そのうちの1軒です。

今度は春川マッククス通りでも食べてみたいです~。

以上、いちこでした~。



航空券購入前にスカイスキャナーで検索比較!
あなたも旅行の達人に♪♪



========================
よかったら、クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。


2016年シルバーウィークの江原道・ソウル旅行記です。

江原道は豆腐料理で有名!

江原道は豆腐料理が有名なんですよね。
一番有名なのは江陵(カンヌン)ですが、束草も有名なお豆腐屋さんエリアがあります。
お手軽雪岳山登山の後、行ってきました~。

雪岳山国立公園でタクシーに乗ろうと思っても、乗車場所が良くわからず…
空車がどれかもわからないし。
駐車場係のアジョッシに教えて頂きました。
 
Naverマップでの住所も通じて、無事に到着!
image


お店の名前は대청마루(テチョンマル)です。
image


チョダンスンドゥプとカムジャチヂミ、江原道の生マッコリをオーダーしました。
image

お店は結構広くて、観光バスの団体さんも利用していました~。
image

オススメのマッコリを頂いてみました!

image


すっきりとした辛口で美味しい!
飲んだことがないマッコリでした~。
image
 
「父母は千年幸せであり、子孫は万代栄える」という意味でしょうか?
縁起の良いフレーズですよね。

そして、パンチャンがとても美味しくてびっくり!

image


image

山菜のナムル、美味しかった~。
image

小さめのカンジャンセウがついてきました~。

image
スンドゥプです!
真っ白いおぼろ豆腐なんですよ!!

image
しっかりと固いお豆腐なのが私好み♪
美味しいお水と大豆を使用しているのが良くわかります。

ソウルではこんなに美味しいスンドゥプは食べられませんね~。

カムジャジョン。
ジャガイモは江原道の名物ですよね!

image

もちもち、ふわふわでとても美味しかったです!
これは日本では食べられないですね~。

ソウルでは食べられない江原道地元の味を楽しめて満足でした!!

地図はこちらです。

路線バスもあるようですが、タクシー利用をオススメします!

以上、いちこでした~。

航空券購入前にスカイスキャナーで検索比較!
あなたも旅行の達人に♪♪



========================
よかったら、クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。

 

2016年シルバーウィークの江原道・ソウル旅行記です~。
今回は束草での宿泊先のご紹介です!

いちこ、今回江原道へ行くのが初めてでして、宿泊先にはかなり悩みました。
雪岳山登山が主目的なため、一か所に長めに滞在したかったのです。
理由としては・・・
・登山グッズを持参しているため、荷物が多い。
・登山の予備日を設け、候補日を2日確保する。

ということで、3泊することにしました。
雪岳山登山の場合、五色温泉に宿泊するのが楽なんです。
じつは、東ソウルバスターミナルから直通のバスもあります。
リゾート地であるため、若干お高め。
しかも、他のところへへ出かけにくいデメリットがあります。

お次は次に近いヤンヤンが候補。
ヤンヤンの宿泊先は予約サイトでは見つけられませんでした。
やっぱり日本で事前に予約できたほうがいいですよね~。

ということで、その次に近くて大きな都市である束草に宿泊することにしました!
束草だと、雪岳山国立公園近くにリゾートホテルがいくつかあります。

ここも滞在型なので、あちこち観光へ行くのは不向き。

ということで、高速ターミナル近くのモーテルにしました!
ロキステルモーテルです。
image



本当に高速ターミナルの裏手にあるんです!
大型スーツケースで行っていたので、本当に便利でした!

モーテルという名前でしたが、普通のホテルでした。
image

部屋が広いし、バスタブ付き!
テレビもありましたし、Wi-Fiもありました~。
image


いわゆる「モーテルセット」をくれないのがうれしいのですが、スリッパはなかったです。
スリッパ持参で行ってください!

ドアが中国風でした。
image


フロントは英語ができる方もいらっしゃいますが、基本は韓国語です。

ツインで一人一泊約2300円でした!
Booking.comから予約できます!




韓国のモーテルはインターネットの予約サイトを使えないところが多いので、本当に便利でした!

こちら、本当におすすめです!
束草へ行く機会があったらぜひ利用したいと思います!

以上、いちこでした~。

ホテル価格比較、世界も国内も観光地のクチコミ検索ができます♪
世界最大の旅行サイト【トリップアドバイザー】

========================
よかったら、クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。



2016年シルバーウィークの江原道・ソウル旅行記です~。

地方旅って、食事に困りませんか?
夕食は調べたところに行ってみたいけど、朝食は近場でいいや、ということが多いいちこです。
最近のいちこはバスターミナル近くの一人アジョシがいる食堂へ行くことにしています。

バスターミナル近所は利用客が多いので、競争が激しい地域。
美味しくなければやっていけないからです。
また、アジョシは美味しいお店を知ってるので一人アジョシが何人もいるお店に外れはありません〜。
ウゴジヘジャンククを頂きました!
image

ウゴジとはキムチを漬ける時に余る白菜の外側や大根の葉を干したもので、保存食なんだそうです。
慶尚道ではシレギと呼ばれます。
優しい味わいで野菜をモリモリ食べられて良かったです!
パンチャンも美味しかった〜。
image

カクテギが絶品でした!
江原道は薄味なのにしっかりとした味わいで美味しいですね!

お店は高速ターミナルから大通りを渡ったところにあります。
image


チョンジンドンヘジャンククと言うのかな?
ちなみに夜は閉店してましたので、朝〜午後にかけて営業しているようです。



地図に示されているロキステルモーテルは私が泊まったところでお店は黄色い大通りのちょうど真向かいにあります。

朝から美味しいものが食べられて幸せでした!

以上、いちこでした~。

最新トレンドの韓国ファッションはここをチェック!
おしゃれなファッション洋服通販サイト★DHOLIC


スタイルベリー(STYLEBERRY)

========================
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。




2016年シルバーウィークの江原道・ソウル旅行記です~。

いちこの韓国語の先生は春川のご出身でして、江原道にはお詳しいんですね。
(※春川はほぼ京畿道のような位置にありますが)
江原道へ行くならぜひおすすめと言われていたのがヤンヤンでの松茸料理でした。

ヤンヤンとは江原道の束草近郊にあり、束草高速ターミナルから市内バスで40分ほどの距離。
実際は市外なので、バス料金は基本料金ではありません。(行き先は自己申告)
バスは海岸沿いをめっちゃ飛ばすので、実際は20分ほどで到着します。(韓国あるある)

ヤンヤンは松茸が特産の街でして、9月30日~10月3日は松茸祭りが開催中なんです。

いちこはシルバーウィークへ行きましたが、街中の販売所では夜まで松茸を箱に詰める作業をしていました!
image

image
image

NAVERで韓国人のブログをみて出かけたのが「ソンイゴル」

いちこのFB友人も行っていたお店でした~。

頂いたのは松茸のお鍋!プルコギは味が濃いことが多いのでパスしました!
image

松茸の香織が豊かで美味しかったです!
パンチャンたちも美味しかったです!
image

行者にんにく♪葉っぱが大きい!
image

image

image

image


〆はカルグクスを半分ほど頂きました!
image

image

お鍋は二人前で56000ウォン。
産地かつ地方だからこそのリーズナブルなお値段だと思います。
ヤンヤン市外バスターミナルからはタクシー利用した方が良いですね~。
市場前(シジャンアプ)バス停からは歩けますが、15分ほどかかるかと思います。
韓国の松茸産地でぜひ堪能してみてください~。
ヤンヤン、ホントに松茸の街なんですね!
image
image


以上、いちこでした~。

最新トレンドの韓国ファッションはここをチェック! おしゃれなファッション洋服通販サイト★DHOLIC スタイルベリー(STYLEBERRY) ======================== にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村 LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。

↑このページのトップヘ