いちこ見聞録。

旅と登山とグルメとカフェ巡り。ときどき映画鑑賞など。 ミーハーだけど、ちょっと難しい政治経済も取り上げます。

カテゴリ: ♪オーストラリア

かなり久しぶりのオーストラリア情報です。

物価が高いオーストラリア。
カンガルーやコアラのマスコットは本当に高くて日本で買った方が安いのでは?と思えるほど。

食料品も輸入が多いのですが、地元のものはニュージーランド産も含め比較的安いです。

オーストラリアで買って良かったな~と思うのは成城石井やカルディのような輸入食料品店系のものかと思います。
日本よりは安いし、オーガニックのものが揃ってますし。


お土産としておすすめなのがディップソースです。
種類が揃ってますし、500円もしないで買えます。
こういうのは日本より安いですね!

私はスーパーのプライベートブランドのモノをよく買ってます。
ONE+ONE等でよくセールをやってます。

いつも行くスーパーのColes。
街中の至るところにあります。
image


今回自分用に買ってきたのが、
image

オリーブと

image

フムス(向こうの発音だとホムース)

オリーブは私には塩味がキツかったけど、美味しかった!!!
逆にフムスは玉ねぎのキャラメリゼが甘かったのでまあまあ。

クラッカーにつけるだけではなく、サラダのドレッシングがわりに使ったり、サンドイッチのソースに使ったりもできますよー。

お土産はやっぱり食料品が一番無難かな~と思ういちこです。
無難の究極はお酒が入っていないチョコレートです。

以上、いちこでした~。

海外旅行のホテル予約はBooking.comで♪
私も愛用しています!




========================
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。

本日見つけたニュースはこちら。
image


なるほど~。
私がオーストラリアへ行ったときはほとんど日本人に会いませんが、そうなんですね!
(私が中心地へ行っていないのと、シドニーに滞在していないから合わないのだと思います)

この記事にてオーストラリアへの観光客が増えている要因のトップにANA羽田シドニー線の就航が挙げられています。
私も就航キャンペーンで搭乗しました

2015年8月にはカンタス航空も羽田シドニー線を就航していますが、やはりANAの就航インパクトが大きかったのかもしれません。

シドニーのキングスポートスミス国際空港は乗り継ぎが大変面倒な空港ですが、ANA便にはまた乗っても良いかもしれせん。
とはいえ、人気があるからか高いんですよね。。。

オーストラリアは広いので、都市間の移動が基本的に飛行機になりますが、一都市滞在で郊外へ足を延ばすのも面白いので、ぜひおすすめです!

海外旅行のホテル予約はBooking.comで♪
私も愛用しています!




この記事に、意見があるのが「英語ネイティブが多い」という内容で白人の写真を載せているところ。
街中はびっくりするほど非白人系の人が多いんです。
しかもどんどん増えています。
街中で「日本人ってバレてスリにあったりしたらどうしよう???」と心配する人がいるかもしれませんが、大丈夫!
全く目立ちません(笑)街に溶け込んでいます。

若い世代は英語がネイティブですが、親世代になると英語がそんなに上手ではない人もまだまだいます。
英語にコンプレックスをもつ日本人は多いと思いますが、オーストラリア人は下手でも気にしないので、気楽に行けますよ。

イギリス風など植民地時代の建築や食事、文化を楽しむこともできますが、多民族国家を楽しめるのもオーストラリアの魅力の一つだと思います。
日本よりもエスニック料理は美味しいし、物価が高い国なのに日本よりも安いんです。

LCCのジェットスターも就航していますし、もっと気軽にオーストラリアへ遊びにいく機会が増えたらいいな、と思っています。

以上、いちこでした~。

========================
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。




たまには2016年GWのメルボルン滞在記です!

オーストラリアは日本よりも物価が高いです。
お土産物(例えばコアラがついたグッズなど)はとても高いんですよね。

お土産として私がよく買うのは食料品。
Colesなど大型スーパーでもオーガニックや自然派食品をお手軽に購入することができます。

今回買ってきたのはミューズリーバー。
image
image


軽食のときに食べられて便利ですよね。
日本でも似たようなものが売られていますが、人工甘味料などが添加されていて美味しくないのが現実です。

こちら、ナチュラル食品で、自然の甘さがあって美味しい!
オーストラリアはミューズリー、シリアル、ナッツやドライフルーツが美味しく、日本に比べると高くないのがうれしいです!

もっとたくさん買ってくればよかったと後悔してます。
次回はおとな買いしようと思います!!!

以上、いちこでした~。

海外旅行のホテル予約の際に私も愛用しています~♪




========================
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。


海外の本、特に洋書ってオシャレで素敵なイメージがありますよね~。
日本とは異なる色使いや組み合わせがあるので、テーブルコーディネートやインテリア、ガーデニング等で参考にしているプロの方もいらっしゃいます。

だけど、海外の本って分厚くて高いイメージ。
旅行で買ってくるのはちょっと二の足を踏んでしまうこともありますよね。

そんなときにオススメなのが、中古の本。
(いわゆる、USED、SECOND HANDS)

私が行ってきたオーストラリアは意外と中古を売るお店が多く、洋服や雑貨だけではなく、本もあります。
先日見つけたのが、手作りカードの本。
image

お値段はなんと1ドル(2016年5月現在 80円)でした!

本は薄いし、身近なものを使って作るカードが可愛いんです!
image


説明の英語もそんなに難しくないので、理解しやすいかも。

料理やワインの本も探してみました。
お料理はパスタやサラダ、ベイクドポテトなどが多く、一般的なものでした。
ワインはフランスやドイツワインの説明も書いてあって、ますます一般的・・・

他の国でも色々と探してみると面白そうです!
手近なところで韓国で探してみようかな???

以上、いちこでした~。

海外旅行のホテル予約の際に私も愛用しています~♪




========================
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。


本日は、オーストラリアで買ってよかったお土産のご紹介です~。

image

オーストラリアは基本的に日本より物価が高いです。
まぁ初めてならオーストラリアらしいコアラやカンガルーの絵柄がついたグッズも良いかと思いますが、いい値段がします。

そこで、私はお土産として食材を購入するようにしています。
とはいえ、オーストラリアらしい食材ってそんなにないんですよねぇ。
大体輸入品だったりしますし。
外国からの輸入食材は大抵カルディで買えますよね。
ドライマンゴーは台湾で買うよりカルディで買った方が安くて美味しいことに気づきました(笑)

輸入品でも日本より安く買えたり、珍しいものもあるんですよ~。
ご紹介するのはパールクスクス!

image

こちら、クリスマスのホームパーティーで初めて食べました。
一般的なクスクスより粒が大きく、モチモチしています。
粒の大きさはオクラの種によく似ていると感じています~。

クスクスはパスタを細かく切ったものをイメージした小麦粉を粒状にしたもの。
北アフリカや中東で食べられていましたが、現在は欧米にも広まっていますね。
お手軽で使いやすいので、私は大好きです!!

普通のクスクスって、粒が小さくて、食べにくい印象があります。
残ってしまって、キッチンの流しに残ったりするのもちょっと嫌だったのですが、
このパールクスクスなら大丈夫!!

100%天然素材や料理時間が10分という表記があるところが外国らしいですよね。
こちら、中面にもレシピが掲載されています。面白い!

image

パッケージに掲載されているレシピはサラダとモロッコ風のカレーなどスパイスとチキンを使ったモノでした。

いちこ流レシピをご紹介。
クスクスは茹でますが、私の場合は浸る程度の水を入れ、電子レンジに4分ほど様子を見つつ、かけています。
お好みでお塩やオリーブオイルを少々入れるとよいです。
その後は根菜類などのお好みの野菜と和えるだけ!
市販のドレッシングを使用することもあります。

最近はキュウリやトマトなど生野菜と柑橘類を合わせるのがお気に入り!
食欲がないときでも酸味でもりもり食べられて、ビタミンの補給もできますよ~。

他にも珍しい食材があったらご紹介をしたいと思います!

以上、いちこでした~。

続きを読む

オーストラリア・メルボルン滞在記です。
イタリア広場では韓国人留学生のクリスマスパーティーが開催されていました。


ad0ecddd.jpg


みんなで歌ったり、ダンスしたり。
韓国人は教会つながりなどで結束が強いですよね。
そして、みんな英語が上手。
ヘタでも積極的に話しますよね。

d985682f.jpg

バルーンアートも作ってくれました♪

日本人は勤勉だけど、自己アピールがちょっと苦手。
恥ずかしからずにどんどん話していくことが必要ですよね。

私も今回はなるべく英語を話すようにしています。
親戚たちのクリスマスディナーも心配していましたが、みんなに親切にしていただいて、簡単な英語で乗り切りました!


韓国での韓国語をきちんと話せるように頑張っていきたいと思います!

↑このページのトップヘ