いちこ見聞録。

旅と登山とグルメとカフェ巡り。ときどき映画鑑賞など。 ミーハーだけど、ちょっと難しい政治経済も取り上げます。

カテゴリ: ♪自分磨き~アクティブ編~

本日ご紹介するニュースはこちら!

10月15日に釜山マラソンが開催されるそうです!
この時期って釜山映画祭が開催中なのでは?と思うんですが。

被ってますね。
人が多い時期に道路を通行止めにして大丈夫なんでしょうか???

このマラソン大会は日本からもエントリーできるようです。
ハーフ4万ウォン、10キロ3万ウォン、5キロ2万ウォンとのことで、参加費用がお安いんですよね。

いちこは慶州さくらマラソンに参加したことがあります。
参加報告のブログ記事⇒

このさくらマラソンは慶州市も主催に入っているんですが、実質は読売新聞社西部本社が主催。
個人参加の場合は情報が全く得られずに困りました。
外国人向け荷物預け場所担当の高校生ボランティアは英語ができませんでしたし。。。
(この担当になった高校生が一番不憫)
参加費用も高いんですよね…
と、改めて調べてみたら、なんと日本で申し込むと韓国よりも高いことが判明!!

【日本で申し込み】
フル:5,500円
ハーフ:5,000円
10キロ:4,500円
5キロ、ウォーク:3,000円


【韓国で申し込み)
フル、ハーフ、10キロ:3万ウォン(約3,000円)
5キロ:2マンウォン(約2,000円)

日本で申し込むと特典として読売新聞西部版のマラソン結果掲載ページが送られてきました。
(ぶっちゃけ全然欲しくない)
韓国人が高い参加費用を払ってるはずがないと思っていたんですが、ここまで金額の差があるとは思っていませんでした。

読売新聞社主催のぼったくりの慶州さくらマラソンに比べると、釜山パダマラソンは釜山市と釜山日報主催で金額は良心的ですね。

釜山映画祭を見たいので、この時期に釜山に行きたいなと思っています!
参加できるか検討してみたいと思います!!

以上、いちこでした~。


航空券購入前にスカイスキャナーで検索比較!
あなたも旅行の達人に♪♪




ホテルや観光スポットのクチコミはトリップアドバイザーで検索!






========================
クリックするともっと素敵なブログに出会えるかも?!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。

少しずつですが、暖かくなってきました!
今月下旬には東京でも桜が開花予定なんですよね。
あっという間に春がやってきます!

そうすると、体を動かしたいと思う方も多いのではないかと思います。
いちこは相変わらず初心者ジョガーなんですが、そんないちこだからこそお勧めできることがあります。

ランニングは春先に始めるべし!
 

ランニング女性


寒い時期は身体を動かすのも億劫ですよね。
かといって、暑いと体力の消耗が激しく、走りたくなくなります。
ということは、寒くもなく暑くもない季節に始めるのが一番なんです。

お彼岸過ぎると東京辺りでは実はかなり気温が高いんです。
4月の最高気温の平均は20度近いんですね。

20度超えてのランニングはなかなかハードになりますので、
春先の3月に始めるといいのでは?と思います。

ランニングを始めるとなると、ウェアを揃えたくなりませんか?
先日の東京マラソンでも素敵なランニングウェアを着た方が出場されていましたよね。

いちこはGUやしまむらで揃えてます。
専門店で購入すべきなのはタイツとランスカなんです。
こればっかりは専門店で購入した方がいいです。

まずはランスカ。


上の写真の女性のようにスリムであればぴったりしたタイプで良いと思いますが、
できるだけフレアータイプを選んだ方がいいですよ!
ランスカはお値段優先で選んでも問題ないかと思います。

タイツはサポート力重視である程度お金を出した方が良いです。


こちらはあす楽対応で1点まではメール便で送付してくれるんだそう!
速乾タイプなのもいいですね!

いちこもそろそろ本格的にランニングを再開したいと思います!

以上、いちこでした~。

航空券購入前にスカイスキャナーで検索比較!
あなたも旅行の達人に♪♪






========================
よかったら、クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。





 

東京は今日も雪です(。´Д⊂)
先週の大雪の後、日曜日に高尾山へ行ってきました~♪
京王線で麓まで行けるのにすっかり雪山だった!

山頂ではランドネ風((笑))に山ごはん。
トマトジュースと、野菜&ソーセージでスープ。
具沢山すぎです。

そして、ホットサンド☆
私はホットサンドメーカーと認識してたものはバウルーと言うそうです。


1a81633d.jpg


熱々で中からチーズがトロ~リと出てきて美味しかった!

交通障害で行き先は変更になりましたが、
当初の目的達成の山遊びでした~

先週土曜日、日本武道館へ行ってきました。


アンジェラ・アキの弾き語りライブを観て来ました。

姉の高校時代の友人からチケットを譲ってもらったのでした。

みぃちゃんのまんぷく記録


アンジーはデビュー前に武道館でコンサートをやりたい!と願い続けていたら、

かなったのだそう。


ピアノ弾き語りで一生懸命に歌い、お客さんを楽しませてくれる姿に

パワーをもらい、感動しましたクラッカー クラッカー クラッカー


彼女のライブは立ちっぱなし出はなくじっくりと座って聴けるところが好きです。


とっても良い席だったこともあり、

スクリーンに映った映像には私も・・・にひひ



興奮冷めやらぬところ、渋谷へ移動。


ちょっと遅めでしっかり食べたいときによく行く「麗郷」


みぃちゃんのまんぷく記録

大人気のシジミのニンニク蒸しとチンジャオロースー

みぃちゃんのまんぷく記録


五目焼きそば



この日は、明治通りを池袋から新宿まで歩いたので、カロリー消費はチョキ


音譜なんだか充実した土曜日でした音譜


チーズチーズチーズプロフェッショナル試験を振り返りますチーズチーズ


今年は1次試験が7月末、2次試験が10月中旬にありました。

いつもは2次試験が9月中旬にありました。

今年は中だるみして2次対策ができなかった人が多かったりして。

(私のことなんですけどね…)


1次試験の特徴としては、
販売やレストランサービス従業者の

知識向上に主眼をおいているため、
記述式の試験が多く、チーズの名前は言語表記も問われます。


フランス語を勉強していれば…と何度思ったことか。



1次、2次を通じ、教科書記載事項外の内容が多いのが特徴…

(正直なところ、何のための教科書?と思うこともしょっちゅう)


5月に行われる基本講習会で話された内容も出題されますので、

何が何でも出席しましょう。


1次試験はとにかく暗記ですメモ
過去問研究も役には立ちます。


ですが、毎回出題傾向をガラリと変えてきますので、
テキストをじっくりと覚えることが重要だと思います。



これらで十分合格点が取れると思いますが、

最後は一般常識というか雑学の勝負かもしれません。



私は、雑学で通過できたと言っても過言ではないと思います(笑)

世界史、バンザイチョキ




2次試験はティスティングと外観を問う問題が特徴的です。


テキストに記載されているのは、

原産地呼称統制のAOP、DOPチーズなどが主流を占めます。


しかし、国内で実際に売られていたり、

多く食べられているのはそうでもないんです。


その「理想と現実」がもろに反映されたのが今年の2次試験でした。

森元首相のひからびたチーズという表現で、

有名になったミモレットもフランス産は非AOPチーズです。


今年の2次試験の外観問題で出ましたが、

テキストにはたった2行記載。写真はモノクロ・・・
(他の国でも生産されていて、そこでの記載はありますが)



2次試験対策は、チーズショップを頻繁にのぞいて、

まるごとチーズを観察したり、ひたすら食べることが大切です。


チーズショップでは味見もさせてくれるし音譜



一人暮らしの場合、

様々なチーズを大量に買っても食べきれませんあせる

なので、2次試験対策は受験対策講座を受講した方が効率よいと思います。


また、クラスの仲間などとチーズカフェにせっせと通うのも有効です。

私は皆さんに助けられて合格しましたチョキ



というのも、同じクラスでいきなり受験対策講座を受講したのは、

私を含め3人。

合格したのは私のみでした。


2次試験直前は毎週のようにチーズを食べにお店に通っていたのが

よかったんだと思います。


また、チーズポケットブックを購入し、チーズの写真を

せっせと眺めていたのも役に立ちました。



今年の合格率は全受験者数の2割~3割と言われており、

ワインに比べると難しい試験と言えます。


記述が多いですし、原語表記などハードルは高いあせるです。


でも、昨年秋から月1回の講座に通い、本格的に勉強を始めたのが

今年の春からの私でもなんとかなったので、

他の方でも大丈夫グッド!だと思います。


クラスメートは約8割が合格しましたクラッカー



11月14日、15日には

第1回コムラード・オブ・チーズ(チーズ検定)が開催されます。


チーズプロフェッショナル協会によりますと、

こちらの方が内容がやさしく、

サービスの方や店員さんでなくてもOKということです。


コチラからチャレンジしてみるのもアリですね。


昨日、チーズプロフェッショナルの2次試験でした。


いや~、難しかった

いっぱい間違えてしまいましたあせる

しかも、よくない問題ばかりだったそうです。


合否は・・・どうなんだろう???

自信がありません叫び

ダメだったら、来年は1次試験免除なので、また頑張ります。


特に気になった問題。

チーズの外観を見る試験があったのですが、

実物を見れるのは30秒間。

(画像は問題として配られました)


丸テーブルを受験者で囲んで観察するしたのですが、

位置によってはよく見えなかった人もいるそうです。



しかも、出されたチーズの一つミモレットは、


熟成度合いが分かる表皮についたカビのようなダニの部分を

洗って落としていたんですって!


それで、熟成度合いを当てろなんて、ムリっパンチ!



もしかしたら、不合格者続出かもしれません。。。


受けられた皆様、お疲れさまでした!!


来週の月曜日、チーズプロフェッショナルの2次試験です。

ここんところ毎日のようにチーズを食べております。



以下の写真はスクールで頂いたチーズたちですが、

これが分からないといけないんです叫び




みぃちゃんのまんぷく記録


薄いオレンジ色のはマンステールです。

みぃちゃんのまんぷく記録


クロタン・ド・シャビニョルやコンテが写っています。


とかとか、分からないといけないんですが、難しい!!



「チーズは太りません」と言われていますが、

さすがに食べすぎで太ってきてしまいました・・・



しかも、塩分に弱い私、朝のむくみが激しいです。


今朝よりお醤油の使用をやめました・・・あせる

納豆はコチュジャンで食べました。(まだマシのような気がして)



みぃちゃんのまんぷく記録


こんなに素敵なチーズ達。

あと少し、頑張りますっ。


先週の土曜日、ほんだともみさんが主宰されている

「食べてきれいになる!韓国料理教室」に参加してきました。

(記事アップが遅くなってしまって、ごめんなさいあせる


ほんだともみさんは読者登録をして下さっていて、

韓国料理教室にずっと参加してみたかったのですが、土曜日の昼間は都合が悪くて・・・

やっと実現したのでした。


しかも、申し込みの時にはブログつながりを言い出せず、

当日になってびっくりさせてしまいまして、失礼いたしました。


この日のメニューは

・カクテギ


・サムゲタン風手羽元と手羽先の煮込み


・カプレーゼ風トマトとお豆腐のサラダ

でした。


私は料理好きですが、お料理教室は今回が初参加でした。

包丁を左で使うので、なんだか迷惑な気がしてまして。


みぃちゃんのまんぷく記録

カクテギ作っています。

白菜キムチは今年の冬に作りましたが、カクテギは初めて。

お砂糖で甘みを足した方が美味しくなるんですね~。


みぃちゃんのまんぷく記録

サムゲタン風煮込み。

鳥1羽を入手するのってとっても難しいし、量が多かったりしますよね。

これだったら、私でも簡単に作れるかな?

みぃちゃんのまんぷく記録


こんな感じに1時間ほど煮込んでいました。

ナツメや高麗人参を入れると本格的な味わいになります。



出来上がりは…こんな感じ!!

みぃちゃんのまんぷく記録


みぃちゃんのまんぷく記録


ともみさんお手製の胡瓜の漬物も頂きました!!


参加された皆さんと色々とお話できて本当に楽しかったです音譜


私の韓国知識は偏りがあって、地方やお料理のことは知っていても、

ドラマはあまり見られないし、韓国語はちっとも上達しないし・・・


なんとなく、行き詰まり感があったのですが、新たに頑張っていこうと思いました!


ともみさん、これからも参加させて頂きますニコニコ

コマッスムニダ~






CPAのHPに今年のチーズプロフェッショナル1次試験

問題と解答がアップされました。

(注;会員のみ閲覧できるページに公開されています)


自己採点してみたら… …


意外と出来ていましたチョキ


配点が私に有利だったみたいです。

また、一般常識的な問題が特に記述で多かったのも、

やっぱりラッキーだったのかも。


受験対策講座で雑学的なことを教えてもらってよかった!!


あと、CPA協会主催の講習会に参加してよかったなぁ。

講習会で言っていた内容は結構試験に出るようです。


教本を頼りに独学で勉強するには、限界があるかもしれないなぁ、

なんて思いました。


先日受けた試験とは、

「第10回チーズプロフェッショナル試験」だった。。。


なぜ、最近具体的に書いていなかったかと言うと、

受かる自身が全くなかったから。



本日、結果が来ました。

封筒が若干部厚め


よし。   ☆合格☆


JSAワインエキパートのときも手応えなかったけど、

当日の回答速報が出ていたから、1次試験通過は大体分かっていました。

今回は試験対策を若干手抜きしたかも。すみません。


でも、チーズの方がワインより難しかったりする。

7割が合格ライン。

昨年のワインの1次通過ラインは6割を割ったと言われています。

しかも、チーズは筆記が多い。

記述式を回答したのなんて、大学時代の試験以来だよっ。


しかし、私はこの記述に救われたと思われます。

例えば、

・日本で牛乳消費量が頭打ちになっている理由を2つ書け

・チェダーチーズが世界的に人気な理由を2つ書け


そんなの、テキストには載っておりませ~ん。

一般常識ということ?!


テキストにしっかり書かれている内容を間違えても、

記述は何か書けば部分点くれるので、

雑学王の傾向がある私向けなのかも。


中学入試のとき、母校の試験で

「牛の胃はナゼ4つあるのか、書きなさい」という理科の最後の設問があった。

やっぱり記述。

これは、今回のチーズ試験につながっているようでならない。



チーズプロフェッショナルの試験勉強については

おいおい書きたいです。

意外と、ブログに書かれていないのよね~


ただ、真っ先に

「チーズ名の原語表記により、テキストの内容をしっかり読め!」

をまずお伝えしたいかも。


私が通ったスクールの復習テストは相当無意味でした。

「オッソー・イラティ・ブルビ・ピレネー」なんて、書けなくても問題ないじゃん。

ワインに比べるとまだまだな発展途上な感じがします。



受かってもギリギリかもと思っていたので、

ラッキーこの上ない私ですが、2次試験対策を頑張りますっ。


この1ヶ月近くの腑抜けっぷりから脱出します!!!


↑このページのトップヘ