いちこ見聞録。

旅と登山とグルメとカフェ巡り。ときどき映画鑑賞など。 ミーハーだけど、ちょっと難しい政治経済も取り上げます。

カテゴリ: ♪Vietnam

ベトナムで買いたかったもの。
プラスチックテープを編んだカゴです。
日本の雑貨屋さんも買い付けてるそう!

18347103.jpg


これだけ買って2000円しませんでした。
日本だったらオシャレ雑貨屋さんで小さめ一つ分位の値段かもね。
一つ一つ300円位なのでお土産に最適です。

行くのはちょっと大変だけどお勧めします!

お店はこちら、チートゥーさん。
4f547351.jpg

ホーチミンシティー郊外のチョロンバスターミナルからすぐのところにあるお店です。

チョロンへはベンタイン市場前のバスターミナルからバスに乗ります。
ここは地下鉄工事中で変更になってるので注意が必要です。

そして、ものすごいバイクの数で道路横断はホントに苦痛です(T-T)

戦利品のアップ~

acf17521.jpg

かなり大きなカゴ。姉へのお土産。


2c721471.jpg

ちょっとシックな感じ。


1d591444.jpg

シック&カラフル☆


48988b8f.jpg

持ち手が長いので肩にかけられます~
蓋もついてるから少し高め。


bd7705de.jpg

オレンジ好きな友人へのお土産。


000f48a9.jpg

夏らしい感じですね。


58cd0f2f.jpg

自分用。超キュートでお気に入りです。

ホーチミンシティー中心部でも買えますが、
3倍くらいしますし、あんまり選べないんです。

お店のなかには沢山あるから色々出してもらって大量買いがオススメです。

英語は通じるからあとは電卓片手に交渉しましょう☆

6abaf355.jpg

チョロンはチャイナタウンで仲秋節前はこんな飾りが沢山売ってました。

ベトナム旅行ネタはまだまだ続きます。

最終日の夜、買い物等で疲れた……
ホテルでお薦めされたベトナム料理レストランへ行ってみた。
外国人で混んでるけど、メニュー見てもイマイチ。
近くの席の日本人はフォー24(フォーのチェーン店)で食べ直そうかと話してる。

高いばかりで美味しくなさそうだったので、
お店には悪いけど、席を立ちました!

タクシーで向かったのは、バインセオ46A

ホーチミンシティーで地元の人にも人気のあるバインセオのお店。
閉店近くなのか片付けてたけど、座らせてくれました。


78e013c8.jpg



住所の46Aが店名の由来の模様。


379274b5.jpg

お店の看板、バインセオ。
お好み焼き風。
モヤシと海老をパリパリ~の皮で包んであります。


7201428f.jpg


バインセオは葉物でくるんで食べます。
サムギョプサルやサンパフ等巻き巻き好きな韓国料理に似てますね。

バインセオはホーチミンシティーの名物。
日本で食べるのとは全然違って美味しかった!


f1b784d8.jpg

もうひとつのオススメ、ちくわ風のもの。
練りもの的な弾力が良かったです。

ビール333も呑んで、一人500円ほど。
さっきのお店の一品の値段でした(;´д`)

とてもとても美味しかった!

あー、思いきってきて良かった!
満足できない食べ物で胃袋を満たすなんてもったいない。

帰りはタクシーを呼んでもらって
ルンルンでホテルに帰りました☆

先週行ってたホーチミンシティーにて。
二日目のランチはフーンライさんへ行きました~






スタッフさんは素朴だけど、とっても親切。


4aa57b68.jpg



4d03e3b0.jpg

豆腐いり生春巻と青パパイヤのサラダ


3dde9dc9.jpg

さつま芋の茎炒めと青菜の煮浸し。
青菜尽くしとなりましたが、
こういう旅ではめったに食べれないから嬉しい~


e71dce92.jpg

この山芋のスープがものすごく美味しかったです~
裏ごししきってなく、ちょっとだけ粒々が残ってて食感が良いのです

ジャスミン茶とハス茶もオーダーして
ひとり900円弱だったような。
ベジフルなベトナム家庭料理でした!

約5年ぶりのベトナム訪問。
ホーチミンシティー初日の夜は、さっぱり簡単ごはん。

最近増えてきてるらしいWRAP&ROLL

d1697145.jpg


揚げ、生、蒸しなど色々な種類の春巻が
食べられ、フォーなんかもあるファーストフード的な小綺麗なお店。

70bb9895.jpg


まずはやっぱり生春巻!
日本のベトナム料理屋さんよりボリュームがある~


3ef4d6f2.jpg


青マンゴーのサラダ。
青パパイヤのサラダは食べたことあるけど、マンゴーは初めて。
粕かにマンゴーの味がします。
マンゴー好きには嬉しい!
しかもさっぱり~


ad17e673.jpg


胡麻の揚げ春巻。
初めて食べたけど美味しかった!
胡麻が香ばしいんです。
葉っぱに春巻に加えてフォーも入れて
手巻き巻き巻き♪

こんなに食べて、333も飲んで二人で1700円弱でした。
安いわ~

このお店、シンガポールに進出するそうですが日本でもイケると思う!
丸の内や表参道辺りでいかがですか?

やっぱりホーチミンシティーは食が美味しいです。

みぃちゃんのまんぷく記録-080915_202858.jpg

フォーは好きなので、たまに自分で作って食べます♪
本日の晩御飯です。


またベトナム行きたくなってきた☆


知人が今タイへ行ってる影響かなぁ?

昨年夏に行ったベトナム。

すでに忘れつつありますが、少しずつ更新していこうかと。



みぃちゃんのまんぷく記録


宿泊先はペンションで朝食にフォーを出してくれたんだけど、

若干伸び気味。。。

もしかして、インスタントか?と思えたので、

2泊目は朝早かったし、街へ出てみた。


「地球の歩き方」の出ていたお店はなんとつぶれていた・・・

仕方なく、宿泊先の隣で急遽食べてみた。

お客さんも多かったし・・・


そうしたら、なんとウマイ!!!

掘り出し物でした。


実は、地元の名店として誉れ高い様で、

なんとダナンに移動した際に読んだベトナム航空機内で読んだ英字新聞に

このお店が出ていた・・・


すっごい偶然。

私の「美味しいものセンサー」って感度相当高い?






みぃちゃんのまんぷく記録

宿泊先近くにあったハノイ大聖堂

フランス統治時代の名残を感じますね。

実は、鐘の音が朝うるさかった・・・

みんな気にならないのでしょうか???


ハノイでとても楽しみにしていたのは、「水上人形劇」見物。

国立劇場で開催されているのですが、地元に人にも大人気なんだそう。

かつての宮廷で催されていたものでしょうね。



みぃちゃんのまんぷく記録

劇が始まる前はこんな感じ。



みぃちゃんのまんぷく記録

まずは、歌と楽器の生演奏が始まります。

中国の音楽(胡弓を使ったような)や日本の雅楽に似ています。



みぃちゃんのまんぷく記録

奥のほうから長い棒で水面で動かして操作しています。

腕が疲れそうだし、水に浸かっているのは大変そう。



みぃちゃんのまんぷく記録

ベトナムに古くから伝わるお話(多分英雄モノ)をベースにしているようです。

お人形の顔がユーモラスで結構かわいい。

動物やドラゴンも出てきます。

動きが激しいし、花火を使って演出もあり、とっても面白かった!!


私達は個人で予約を当日に行ったので、

周囲を欧米人ばかりでした。

みんなで笑いながらみていて、とても楽しかったです。

日本人のツアー客は前のとてもいい席に座っているのに、

ゾロゾロ遅刻してくるわ、居眠りするわ・・・パンチ!


確か、日本円で1000円もしない金額でしたが、

十分楽しめました。

もう1回行きたいくらい音譜


ホーチミンシティーでもみることが出来るそうですが、

ハノイが本場なので、ハノイで見ることをお勧めしますアップ


また、100円ショップで購入したオペラグラスがとても役に立ちました。

細部までじっくり観察できます。

旅行のときの必需品です。


全然書いていないベトナム旅行記・・・

少しずつ書いていこうかと思います音譜

今年の716日~722日のスケジュールで行きました。

成田から、ハノイに入り、ホーチミンシティーから成田に帰りました。

ハノイ → ダナン → ホイアン → フエ → ホーチミンシティー 

というかなりの強行スケジュールです。



飛行機は、

成田→ハノイとハノイ→ダナン、フエ→ホーチミンシティーをベトナム航空で、

ホーチミンシティー→成田はJALとのコードシェア便でJALの機材でした。



みぃちゃんのまんぷく記録

ベトナム航空では

ウェルカムドリンクにスパークリングが出てきて、美味しい



みぃちゃんのまんぷく記録

機内食もグッド!



みぃちゃんのまんぷく記録

帰りがJALでちょっとがっかりでした。

ダナンからホイアンは近いので、日帰りでしたが、

ダナンからフエまではバスで移動しました。

地元の人がたくさんいる中で、どう見ても外国人は私たちだけ。

学生さんたちに親切にしてもらい、楽しかったです。



みぃちゃんのまんぷく記録


バスの中から見た海サーフィン

キレイですな~


ベトナムより、無事帰国しました。

日本と同じくらい暑かったので、若干顔と首が日焼けで荒れています。。。


朝、成田について早速会社に行きまして、仕事してます。


早くもフル稼働中です!


はぁ、明日は朝早いようですし、大変な毎日が続きます~


↑このページのトップヘ