いちこ見聞録。

旅と登山とグルメとカフェ巡り。ときどき映画鑑賞など。 ミーハーだけど、ちょっと難しい政治経済も取り上げます。

カテゴリ: ♪料理教室・イベント

2017年5月の韓国旅行記です。
この時は一人旅でした。
最近の一人旅の時はミュージカルを観るようにしています。

韓国の方が日本よりもミュージカルのチケットが取りやすい気がします。
平日で席を選ばなければ、直前でも座席を確保できることが多いです。

一人旅の最大の難関である夕食もミュージカル鑑賞によって時間がずれます。
ミュージカル公演は平日は20時からのことが多く、終了は23時近くなることも。
早めに済ませてから会場入りすることになるので、18時台にさっと食べることが多く、一人でも目立ちませんよ♪

この時は「マディソン郡の橋」を観ました。
image

image
韓国初演で、実力派のパク・ウンテ氏とオク・ジュヒョン氏が主役。

「マディソン郡の橋」といえば、一番有名なのはハリウッド版の映画ですよね。

いちこもこの印象が近く、韓国ミュージカルの2人は若すぎるのでは?と思いました。
今回初演で今後しばらくこの主役ペアで上演するつもりなのだろうな、と思います。

以下、ネタバレです。
ものすごくよかった!面白かった!!
パク・ウンテ氏とオク・ジュヒョン氏は本当に歌が上手い!!
これが初演?とは思えないほど充実した歌いっぷりでした。

「歌に迫力があり、上手」という韓国ミュージカルの醍醐味をしっかりと味わえる演目です。

パク・ウンテ氏のモムチャン上半身を2回ほど拝めます(笑)
かなり鍛えてあって、素晴らしい筋肉でした!!
隣の席にいたアジョシも思わず、双眼鏡で観てましたよ。

また、私の韓国語リスニング力がアップし、セリフを聞き取れたのも高評価につながったのかも。
一般家庭を描いているので、日常会話が多かったように思います。

強いて言えば、主役が出ていない時間帯(競馬見学)がちょっと長いかな?という気がします。
image

ツイッター上では日本人ファンにも好評な本作品。


平日(って言っても金曜日)だったからか空席がチラホラありました。
初演だからなのかな?勿体なかったです。

ソウル滞在時にはこれからもミュージカルを観続けようと思います!

以上、いちこでした~。

航空券購入前にスカイスキャナーで検索比較!
あなたも旅行の達人に♪♪




ホテルや観光スポットのクチコミはトリップアドバイザーで検索!






========================
クリックするともっと素敵なブログに出会えるかも?!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。

2017年2月のソウル・江陵旅行記です。
この旅行の最大の目的は四大陸フィギュアスケート選手権2017を観戦すること!

いちこはミーハーなので、フィギュアスケートが大好き。
日本では人気が高く、入場券はプラチナチケットですよね。
日本での観戦は夢のまた夢でした。

韓国ではまだそんなに人気が高くなく、INTERPARKで購入できると聞いたのです!
INTERPARKはミュージカルや舞台の入場券を購入するサイトでいちこは利用歴があります。
日本語ページもあり、クレジットカード決済ができるんですね!
1月にサイトを覗いてみてもまだまだ残席があり、思い切って購入しました。

日本からはHISなどの旅行会社主催ツアーがいくつか来ていました。
韓国人ガイドさん1人と日本人数人という個人ツアーも見かけました。

江陵はめぼしいホテルが大会関係者やツアーに抑えられ、ゲストハウスのドミトリーしか予約できませんでした。
宿が取れなくて、ソウルから日帰りした人もいたそうです。
宿問題は五輪の課題になりそうです。

いちこが観戦したのは下記の2つ。
男子フリー 20,000ウォン席
エキシビション 10,000ウォン席。

いちこ、実はケタを間違えていて、20万ウォンと10万ウォンだと勘違いしていたんです。
外国人料金で高いな~と思っていたのですが、むしろ日本よりもお買い得でした!
一番高い席は5万ウォンでしたが、上記2つは完売でした。
どうやらプレ五輪大会ということで抑えめの価格だったようです。

江陵市民にそうとうバラ撒かれたそうですが、空席が目立ちました。
当日は完売表示が出ていて、残念がっていた人も多く、とても残念でした。
ちなみに、男子フリーよりもエキシビションの方が埋まっていました。
他のプログラムはガラガラだったそうです)

男子フリーは審判の顔が見える南側の2階席。

正面に大型モニターがあり、とても見やすかったです!
(この席はお値段がそんなに高くなくてオススメかも!)

エキシビションはカーブのあたりの西側かなり後方。

モニターが小さくてちょっと見辛かったかな?
それでも前の人の頭に隠れて見えないということはありませんでした。

実際の観戦は感動モノ
選手のスケート靴の刃の音やBGMの音響が素晴らしく、臨場感にあふれています!
いちこみたいな2階席でも選手の姿は大きく見えましたよ!

キスアンドクライでの選手が一喜一憂する様子や、プレゼントを(羽生選手向けのプーさんの量!)回収する姿などはテレビ観戦とは一味違う印象でした。
ただ、ジャンプの種類までは分からなくてテレビの解説が聞きたかったなぁと思いました。

わざわざ江陵まで行った甲斐がありました!
11時から20時過ぎまで途中2時間ほどの休憩をはさんで疲れるかと思いましたが。
興奮していてあっという間に時間が過ぎてしまいました!

初めての江陵まで一人での移動など、緊張する場面もありましたが、無事に乗り切れました。
江原道公式ブロガーのカヨンさんに現地でお会いしたり、色々と助けて頂きました!!
(なのに、最後の最後にダイバード…)

最後に、羽生選手をはじめ出場選手たちの写真を!!
image
image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

平昌五輪も観たいな~。
チケットとれるかしら???

以上、いちこでした~。

航空券購入前にスカイスキャナーで検索比較!
あなたも旅行の達人に♪♪






========================
よかったら、クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。

 

2017年2月のソウル・江陵旅行記です。
この旅行、いちこの最大の目的は「四大陸フィギュアスケート選手権」の観戦でした。
image

 
今回は、江陵アイスアリーナへのアクセスや会場について記載しますね!
image

平昌五輪もスケート会場は江陵

平昌オリンピックはスキー競技は平昌、スケート競技は江陵で開催されるようです。
平昌と江陵は高速バスで1時間もかからない距離ではありますが、ご注意を。

現状、江陵の方が平昌よりも街の規模が大きくてソウルから行きやすいです。

江陵へのアクセス

ソウルからは主に3種類のアクセス方法があります。
①江南バスターミナル(高速ターミナル駅に隣接)よりバスに乗車。
 所要時間2時間40分
 優等(3列シート)21,500ウォン。
②東ソウルバスターミナル(江辺駅に隣接)よりバスに乗車。
 所要時間2時間30分
 一般(4列シート)14,600ウォン 
③鉄道に乗車
 ソウル東部清涼里(チョンニャンニ)駅からムグンファ号に乗車
   所要時間6時間20分←非現実的

韓国は鉄道よりも長距離バスが発達しています。
バスの本数は多く、ソウル~江陵は往復ともに20分~30分おきにあります。

ちなみに、仁川国際空港からもバスはあります。
(金浦空港経由) 
所要時間3時間30分。
26,800ウォン。
60分~120分間隔 

江南バスターミナルから行くのが一番便利かと思います。

バスチケットの購入方法

2017年2月現在、外国人はオンライン購入不可です。
バスターミナルの販売所で直接購入しなければなりません。
※クレジットカードは使えます。
イベントが重なったり、本数が少ないけど人気な全羅道方面(湖南線)は満席になることもあるんですよね。
KOBUSのサイトで空席状況を確認することができます。
韓国語と英語があります。
英語のページ 
今回の江陵行きは朝6時台と7時台の空席が少なくて本当にあせりました。
image
これは残席の数が表示されていまして、赤字は満席と書いてあります。
いちこは前日土曜日の午後に6時40分発を購入できました!

2017年春にはKOBUSが外国人オンライン購入に対応予定ということです。
KORAILは買えますし、買えるようにしてほしいものです。

韓国観光公社日本語ブログには江陵行きのバスが取れないときは原州乗り換えで、とオススメしていました。 
ご紹介ページ 
このサイトが一番親切に教えてくれたように思います。

江陵バスターミナル

高速ターミナルと市外ターミナルが隣接しているので、ご注意。
いちこは高速ターミナルを利用しました。
トイレはまぁまぁ綺麗。
コインロッカーはなし。(のように思う)
待合室やいくつかの売店がある。
結構古いのですが、五輪までに建て替えはしないんですかねぇ?

バスターミナル周辺はカフェや食堂、コンビニあり。
※同じ江原道でも束草高速バスターミナルの方が周辺が栄えていたように思います。

江陵バスターミナルからスケート会場へのアクセス

(2017年2月現在)
江陵バスターミナルからタクシー利用となります。
※フィギュアスケート会場は「アイスアリーナ」という名称ですが「アイスアレナ」と言うと通じます。

小さめの丘を越えていきますので、徒歩移動は難しいです。

四大陸選手権時はシャトルバスが出ていましたが、日本からは全く情報を入手できず。
路線バスが臨時で会場近くを迂回していましたが、情報は全くありませんでした。

江陵バスターミナルには観光案内所らしきものはなかったように思います。
当然、フィギュアスケート大会関連の案内掲示板もなし。
日本からはツアー客が多かったので、私のような個人は少なかったように思いますが…

江陵アイスアリーナについて

会場内は飲食禁止。
荷物に食べ物があると、会場内では食べないように注意されます。
かといって、会場周辺に食堂は無。カフェ1軒のみ(2017年2月現在)
会場内にアメリカンドッグなどの軽食スタンドが数軒あり。
ドリンクの自動販売機はあったような・・・
と、間食天国の韓国とは思えない質素な感じです。

コネストの江陵アイスアリーナ紹介ページ
2017年2月現在、何も書いてません。。。

会場内は寒いです。
四大陸選手権ではひざ掛けが必須でした。
この大会では応援用の旗を貸してくれたのですが、これが防寒効果ばっちりでした!

施設が新しいので、トイレは綺麗で数も多い。
でも、すでに故障しているものもアリ(汗)

大きな荷物(スーツケースなど)は会場で保管してくれた。
バスターミナルにはコインロッカーはありませんでした。

四大陸選手権はプレ五輪大会の位置づけだったので、反省点はオリンピックに生かしてほしいですね。
オリンピック時には変更点もあると思いますが、参考にしていただけたらと思います。

おまけ バス路線や時刻表の調べ方

ソウルナビやコネストにも記載はありますが、一部情報のみ。
ソウルまたは空港から地方都市は書いてあっても地方都市間の移動については書かれていません。

ここはNaverやKOBUSサイトで調べることになります。
Naverは韓国語のみ、KOBUSは韓国語と英語のみにしか対応していないので、ちょっとハードルが高いかもしれません。

以上、いちこでした~。

航空券購入前にスカイスキャナーで検索比較!
あなたも旅行の達人に♪♪






========================
よかったら、クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。





先日、日本武道館で行われた五月天Maydayのライブへ参戦してきました!
image

Maydayとは?

現在のアジア圏において、もっとも巨大なスケールを持っていると言える、1997年結成の台湾出身の5人組ロックバンド。1箇所でのべ5万5555人を動員という台湾における音楽の観客動員記録を持ち、台湾金曲奨の「最優秀バンド」を4度受賞するなど、これまで受賞した音楽賞は国内外で150を超え、ライブ動員数は1,000万人を超えるなど、アジアのスーパーバンドとしての地位を築き上げている 。
日本のアーティストとのコラボも多く、GRAY、flumpool、ポルノグラフティとの共作がある。
Wikipediaより

いちこがMaydayを知ったのは結構最近。
昨年にAmazonで開催された洋楽セールの時でした。
その時のご紹介記事 
分かりやすく、印象的なメロディーがとても心に残ったんです。

今回のライブ参戦は思い切ったところがあったのですが、行って本当に良かったです!!
image

 
五月天Maydayのライブって台湾だとチケットが入手困難だそうで、日本の方が買えるんだそうです。
K-POPアイドルのライブとは真逆だな~という印象でした。

いちこの感想をご紹介。



他のお客さんも楽しかったみたいです。





五月天Maydayのスゴイところは、台湾からファンを連れてきちゃうこと。
ちょうど春節の時期だったので来日しやすかったんでしょう。
(そういう日程を選んだろうな、と思います)

いちこは四方が台湾人に囲まれた席にいました。
みんな大合唱でほんとうにMaydayが大好きな模様。
通路にはなんと大型スーツケースが置いてありました。
(そんなライブは初めてでした)

台湾人のライブ観戦で印象的だったこと

・意外と席を立たず、座って見てる。
・撮影禁止でもスマホで動画撮影。
・日本語トークパートでは日本語で反応。
 (みんな日本語が上手)


2月4日土曜日はポルノグラフティもシークレットゲストとして参戦したらしい。

いちこも観たかったなぁ。

台湾のアーティストライブを日本で開催して、インバウンド需要を狙うのはアリかもしれないですね。
と思いつつも、日本のライブは日本人を集客するべきな気もするし。
結構難しい問題かも。
日本のアーティストの中には海外まで追っかけをしてくるファンに苦言を呈する人もいるそうです。
とはいえ、日本人が行かなかったら集客に苦労するかもしれないし、難しい問題です。

いちことしては、東京で台湾の現地さながらのライブを楽しめたのは大きな収穫でした!
これからもC-POPを色々とチェックしたいと思います!

以上、いちこでした~。

航空券購入前にスカイスキャナーで検索比較!
あなたも旅行の達人に♪♪



========================
よかったら、クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。



昨日は韓方スタイル協会のセミナーに参加してきました!

済州島と慶州の韓方病院での健康診断についてのご説明が面白かったです~。

image



とっても分厚いテキスト
image
これで勉強すると韓方の知識が深まるんだろうな〜。




頂いた済州島の韓方の薬。
image
金色のがミカンの皮(陣皮)から作られてたもので、黒い丸が胃薬だそうです!

また、神奈川県が未病対策サイトを開設しているお話が興味津々でした。
(いちこ、子供の頃は神奈川県横浜市に住んでいました)

ランチは近所にある王記餃子房にて。
image
香港料理と書いてあるけど、四川風も満洲風もある中華料理屋さん。

私がオーダーしたのは木耳と豚肉炒め
image
ぷりぷりの木耳が美味しかった〜。

こちら、ものすごいボリュームなんです。
image
これで750円は安いと思う!

高田馬場は安くて美味しいお店がいっぱいあるなぁ。

駅からちょっと遠いけどおすすめです!



以上、いちこでした〜。

航空券購入前にスカイスキャナーで検索比較!
あなたも旅行の達人に♪♪



========================
よかったら、クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。



昨日は新大久保のテーハミングさんで開催された「美しい韓国 美しい韓食」イベントへ行ってきました!
image

ゲストはよもぎまりさん。
この手のイベントにしては珍しくなぜか写真撮影NGだったので写真はないのですが、韓国内の美しい風景のご紹介でした!
ちなみに韓食については乾物と発酵食品の紹介ということでしたが、あんまり聞かなかったような…?

食事会で美味しい韓国料理を沢山いただきました〜。

カボチャをくり抜いて器にしたカルビチム
image

切り分けるとこんな感じ!
image

image
パンチャンとジョン
チャプチェ
image

イカの和え物
image

プルコギ
image

春雨を海苔で巻いて揚げたもの
image

ポッサム
image


今回は飲み放題じゃなかった分、予算的にお料理が豪華だったかも。
お知り合いの皆さんと忘年会的にお話出来て、良かったです!
色々と教えてもらったので、これからも韓国料理や旅行を楽しんで行きたいと思います!



以上、いちこでした~。

ぐるなびでクーポンをゲットしたり、ポイントを貯めよう!




========================
よかったら、クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。


先週末は韓国料理を二日連続でやりました!
習ったのはカムジャタンとチャプチェです。

image


カムジャタンはジャガイモのお鍋と思っていらっしゃる方も多いのですが、実は骨付き肉のお鍋という意味なんだそうです。

まずは骨付き豚肉をお水に浸します。
image


下茹でして、灰汁やくさみを取ります。
image


きちんと洗って
image


あばら肉の完成です。
image


大鍋で煮込みました!!
image


ジャガイモがほくほくで骨付き肉から出汁が出ていて美味しかったです!!
image


ラストはポックンパにして楽しみました!!
image


チャプチェ
image


こちらは完成形しか写真を撮れなかったのですが。
日本人で好きな人は多いですよね。

いちこ、実は新大久保で食べるチャプチェがそんなに好きではありません。
伸び気味の春雨に油と醤油で炒めてあるからなんですよね。

本来のチャプチェは茹であげた春雨と一種類ずつ作った野菜のナムルを和える料理なんです。

きちんと和えたチャプチェは優しい味わいで美味しいです!

先生作のさきいかの韓国風和え物
image


茄子のナムル
image


いつも和やかなプライベート韓国料理教室。
(公には募集されてません)
とても美味しく楽しく伺えってます!
また行きたいと思います!

以上、いちこでした~。

最新トレンドの韓国ファッションはここをチェック!







========================
よかったら、クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。



先週の土曜日、キムジャンに参加してきました~。
キムジャンとは友人や親戚、近所の方と共同でキムチ作りをする朝鮮半島の晩秋の風物詩です。
最近は市販のキムチを買う人が増えているそうですが、厳しい寒さの冬に備えて野菜の保存食を作る伝統行事と言えます。

いちこ、自宅でキムチ作りをしたこともありますが、量が少ないとうまくいかないんですよね。
やっぱりみんなでワイワイと作るのが良いかな、と思います~。

こちらが完成形
image


白菜の塩漬け
image

今年は白菜が高く、岩手県西和賀町在住の知人に送ってもらいました!

お揃いのキムチ用手袋(裏起毛!)をはめてヤンニョム作りです
image


image


ヤンニョムを寝かせている間はランチタイム♪

韓国風のり巻き・キンパ
image

韓国の御味噌テンジャン(熟成ものの自家製!)
image


一人ずつ大振りのはまぐりを頂きました!

タイ原産の激辛唐辛子入りオムレツ
image


こんな立派な唐辛子でした!
image


自家製採れたてピーナッツ
image

秋らしく柿とりんご
image


皆様の差し入れでとても美味しく楽しめたキムジャンでした!

場所は鉄子にはうれしい京浜東北線をズラリと眺められるところ♪
image


実はこれ、有志でやってるのでお料理教室では無いんです。
会場手配や白菜の塩漬けなどを全部やってくださる方がいてありがたい限りです。
また、性別関係なく皆さん手早い!!
韓国料理好きはお料理上手な人が多いと思います。

また来年も参加したいと思います!!

以上、いちこでした~。

最新トレンドの韓国ファッションはここをチェック!







========================
よかったら、クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。



日曜日はツーリズムEXPOジャパン2016へ行ってきました!
今年はシルバーウィークと重なり、土曜に帰国したので日曜日に行きました〜。
メインイベントはよもぎまりさんの仁川のご紹介!
image

仁川へは3回、江華島へは一回行ったことがあるいちこですが、ますます行きたくなりました〜。

今回のイベントは都合により、午後から参加だったので戦利品は少なめ(T_T)
ノベルティなど戦利品が欲しい人は朝から参戦すべし!です!!

いちこの戦利品たち。
image

会場内を見る時間が少なくてパンフ中心です。
韓国では一番知りたかった智異山情報をゲット!
他のブースでも色々とパンフを集めました!!
台湾ブースでは猫村情報欲しかったけど、パンフが見つからず。
地道にネットで収集します〜!

とっても混んでた印象の今年のツーリズムEXPOジャパン

昨年よりも来場者数が12000人も増えたそうです。
天気悪かったけど、シルバーウィークの開催が良かったのかな?

ブースの写真達を一挙公開!
image

image

image

いちこ、イスラエルとグルジアブースではワインの試飲も頂きました!
舞踊などのパフォーマンス系やInstagramなどSNSでの拡散系のイベントが多く見られました。
素敵な民族衣装もあちこちで見かけました!

来年こそ、朝から参戦してノベルティを沢山ゲットしたいと思います!
以上、いちこでした~。

ホテル価格比較、世界も国内も観光地のクチコミ検索ができます♪
世界最大の旅行サイト【トリップアドバイザー】

========================
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。



6月に行ったルイ・ヴィトン展のご紹介です。
image
この展覧会、とっても行きたかったのに会期終了ギリギリに行くわ、ブログでご紹介するのがもうとっても遅いわ、どうしようもない感じですが、お付き合いくださいませ。

正式タイトルは空へ、海へ、彼方へ 旅するルイ・ヴィトン展。
ルイ・ヴィトンの歴史と創業のルーツとなった旅行鞄を中心とした展示でした。

なんと、この展覧会は無料だったのです!
日本は有料でしかもお高い展覧会が多い中、無料ってがんばったな~と思ういちこです。
儲かっているから出来るセレブの余裕でしょうか?

場所は紀尾井町にある特設会場でした。
私はJR四ツ谷駅から上智大学の横を通って行きましたが、かなり急な坂を使います。
(行きは下り、帰りは上り)
あまりお勧めできないです。

創業者のルイ・ヴィトン氏って、フランシュ・コンテ地方の出身だったんですね!
ここは森に囲まれたところだそうで、フランスで消費量が最多のコンテチーズの産地なんです!

いちこ、チーズプロフェッショナルという資格を保有しています。
一番好きなチーズはコンテです!

ここから先は撮影可能だった展示内容のご紹介です!
(撮影可能というのも太っ腹だな~)
image
image
image

とてもファッショナブルで洗練された展示は本当に素晴らしかったです!
今回のブログ執筆のために写真を整理していて際に、改めて実感しました。

またこんな素敵な展覧会があったらいいなと思います!

以上、いちこでした~。


========================
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。


↑このページのトップヘ