旅行記で途中のものが沢山ありますが、旬のものは今すぐにご紹介したいと思います~。

韓国では1年中かき氷が食べられたり、季節感はあまりない方です。
ですが、これだけはこの時期だけしか食べられないというものがあります。
それがコングクス(豆乳冷麺)です!
7月から8月までどんなに長くみても9月上旬までしかお店で提供されない、夏の食べ物です。

「冷やし中華始めました」ならぬ「コングクスあります」という表記が店先にあるくらいなんですよ~。

東京では新大久保でも食べることができますが、数軒のみ。
しかも、本場に比べるとかなり高額です。

いちこ、8月末までの渡韓予定がないので、2016年7月に食べてきました!

行ったお店は忠武路にある東会楼さん。
image
明洞からもすぐです。
中華料理店です。
こちらはコングクスと中国冷麺の両方を一度に食べることができるんですよ~。
image

コングクス。

はじめ、水っぽかったのですが、混ぜていくうちにちょうど良いお味になりました。
しょっぱいのが苦手ないちこですら、お塩を少し足しました。
(お塩を入れるのが一般的です)

1年ぶりのこの味!本当においしかったです~。

中国式冷麺。
image

ピーナッツソースの中に氷が入っています。
干しシイタケのうまみが広がり、大きめのエビも入っていました。
これもとってもおいしかったです!!

ちなみに、韓国式冷麺は「真冬に食べるもの」と言われているくらいですので、
一年中食べることができますよ。
image
image
image
image

韓国の夏季限定の2大メニューを味わうことができてとっても満足しました~。

日本のコンビニ冷やし中華のように販売期間が延びるということは現時点ではないコングクス。
夏に渡韓される方はぜひ召し上がってみてください!!!

以上、いちこでした~。