2016年3月の羽田仁川ピーチ弾丸ソウル旅行記です~。
二日目の朝ごはんをご紹介!

とっても久しぶりに武橋洞へ行きました~。
image


8時半過ぎに行ったら、少し待つだけで入れましたが、お店を出る頃には並んでいました
日本人観光客が多いお店ですが、地元の人たちにも大人気です!

席に座ると、すぐに人数分のプゴクッ(干し鱈のスープ)が出てきます。
image


優しい味わいのスープが胃に染み渡って美味しいです!
辛くありませんので、辛いものが苦手な人でも大丈夫です。

キムチなどはテーブル横から好きなだけ取ってお皿に盛り付けるシステムになっています。
image
image
image


パンチャンも美味しかった!!

超有名店ですが、何度行っても美味しいお店です。
中心地にありますので、明洞あたりからも歩いて行けますよ。

初めて韓国へやってきた日本人の方が隣に座っていました。
その方々とお話しして感じた韓国の食堂への入り方をご紹介します。

あ国の食堂での極意

・混雑時はもたもたしない。自信がなければピーク時は避けるべき
 韓国人は基本せっかち。
武橋洞のようなお店ではメニューが1種類しかないので、オーダーも取りません。
メニューがあっても早く決めるようにせかされる場合もあります。
お店が混んでいなければ待ってもらうこともできますので、ハングルが読めないなど自信がない場合はピーク時を外しましょう。
ちなみに、韓国のランチタイムは正確で12時~13時の場合がほとんどのようです。

・一人一品オーダーする。
日本でも一般的だと思うのですが、ついつい年配者を中心にやりがちなんですよね。

韓国料理はボリュームが多いので、3食を完食するのが大変なこともあります。
残すのが一般的な食文化なのですが、日本人は残しづらいですよね・・・
とはいえ、思い切って残すのも必要なこと。
そうしないと、胃もたれで体調を崩してしまいますよ~。

テイクアウトして、部屋で食べたり、海産物を食べるなど色々と調整することはできます♪

・自分では大声ぐらいがちょうどよい
韓国人ってうるさいな~と思うことはありませんか?
あれが当たり前なんです。
日本人(特に女性)は声が小さくて食堂でのオーダーが通らないことがよくあります。
大声ぐらいなボリュームがちょうどいいです。

静かな場面では静かにしてほしいものですが、韓国人のあの発声のおかげか法令線ができにくいように感じます。

良かったら参考にしてみてください♪

以上、いちこでした~。

最新トレンドの韓国ファッションはここをチェック!
おしゃれなファッション洋服通販サイト★DHOLIC


スタイルベリー(STYLEBERRY)


========================
よかったら、クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。