本日見つけたニュースはこちら。
image

マイレージにも育児休暇が設けられるなんてスゴイですね。
保有期間を延長としたとしても、その後に家族会員で利用してもらえれればモトは取れると想定しているということなんでしょうね。
これ、外国在住の会員にも適用されるんでしょうか?

東京からオーストラリアへの路線を持つ航空会社はやはりカンタスが一番多い気がします。
(JALとのコードシェア便もありますが)

オーストラリア国内移動は飛行機の場合が多いので、カンタス航空のマイレージ会員数も多そうですね!
もちろん、オーストラリア国内はジェットスターをはじめ、LCC路線が多数ありますけどね。

私は、スターアライアンス系のANAカード保有です。
羽田~シドニー線が就航しましたので、カンタスを利用することはほぼありません。
家族が住むメルボルンへは成田発着でジェットスターが就航していますし。

カンタスではかつてひどい目にあっています。
オーストラリア国内線(シドニー~アデレード)がキャンセル。
めっちゃ迂回ルートを紹介。(シドニ~ブリズベン~アデレード)
ロストバゲージをし、荷物はシドニーに置いたまま。
到着当日に結婚式参列予定の私の洋服&コンタクトレンズが間に合わなくて、結婚式会場に届ける失態。
なのに、荷物を届けたということで復路でお詫びなし。(ビジネスアップグレードかと思ったのに)
と、散々な目にあったので、先程は「ほぼ」と書きましたが、基本的には乗らないことにしています。

ちなみにカンタスは「コンタス」と発音した方が通じやすいです。

以上、いちこでした~。