2016年2月のHISソウルツアー旅行記です。

三角地で絶品テグタンを食べたのち、梨泰院へバスで移動。
バスで移動するとものすごく近いんです。(バス停3つ分くらいだったと思う)
ソウルって車が多くて渋滞しそうなイメージがあると思いますが、意外とそんなことないんですよ。
バスは本数が多くて乗りこなせると本当に便利です。


訪問先は「サムスン美術館リウム」

image


前々から行ってみたいと思っていた韓国を代表する美術館です。
image


白磁と青磁のコレクションが有名ですよね。
じっくりと見学しました。


素晴らしい芸術品が多く、さすがサムソン。
よく集めたなという印象です。

ですが、時代考証が疑わしいものも散見されます。
現代的なちょうちょのデザインが13世紀って…
日本をはじめ、他の国では疑ったことはないのですが、かなり疑問を持ちました。


現代アートの展示もありました。

image
image


うーん、日本で見たほうがいいかな?というのが正直な感想です。


意外とよかったのが企画展の韓国のお寺の写真展。
静止画をつないで動画にしたり、工夫された展示内容でした。


韓国アートの良さって、古典と現代の融合だと思ってます。
実際、日本や中国の方が保存状態が質量ともに優れているのが事実。
失ってしまった過去は取り戻せないのだから、新しく作っていくというのはアリだと思います。
※「返還」についてはここでは議論対象としません。ご了承ください。


二回目は行かなくてもいいかもな~。

外のお庭で写真を撮るのは楽しいです!

image
image


無料だし、お勧めです~。


以上、いちこでした~。

========================
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。