本日は、こんな記事を見つけました~。
image


私も韓国で病院へ行ったことがあります。
・美容皮膚科(整形じゃないよ)
・韓方クリニック
・耳鼻科

また、韓方薬局やエステ(美容鍼など)を利用したことがあります。
日本よりも漢方薬が安く、気軽に専門的な医療や治療を受けることができるのが魅力です。

私の場合、韓国語が観光程度しかできないので、
専門用語になると英語や漢字(韓方には有効!)を使います。

それでも通訳の方がいらっしゃると安心です。

韓国は医療ツーリズムに力を入れていますから、こういった窓口開設も自然の流れなんでしょうね~。

実は、日本の医療にも注目が集まっているんですよね。
欧米の人は歯科が自国よりも断然安くて優秀なんだそうです。
アジアの人は高い技術力を評価しているんだそう。

日本では人口減少が始まっています。
特に歯科医院は全国的にも飽和状態だそうですし、他の診療科目でも
今後は来院者が減って廃業するところもあるのではないかと思います。

医師は英語ができる人が多いですから(学会発表や論文に意外と英語を使います)、
外国人受け入れもできるんじゃないないのかな?
ですが、受付など医療機関スタッフになると外国語はまだまだ・・・
といったところなんじゃないかと。

外国人観光客が多数訪日し、医療ツーリズムも注目されていると聞いています。
今後、支援窓口や通訳サービスが充実すると良いのではないでしょうか?

========================
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。