2015年12月のオーストラリア旅行記です~。
12月12日に就航したANA羽田~シドニー路線を利用した感想を書いておこうかと思います。

image


私はメルボルンに姉が住んでいるので、数年に1回はオーストラリアへ行っています。
成田空港より羽田空港の方がアクセスしやすいところに住んでいます。
スターアライアンスでマイレージを貯めています。
なので、ANAの羽田~シドニー線の就航はとても喜ばしいことでした。
(カンタスとJALのコードシェア便が同じく羽田~シドニーで就航しています)

チケット発売開始当初は
オーストラリア乗継便が購入できなかった!

2015年8月いっぱいは就航キャンペーンをやってまして、
割引価格で販売されていました。
この時、シドニーから先の国内線はANAでは購入できなかったんですよね。
(現在はVirgin Australiaの航空券を通しで購入できます)
Virgin Australiaはスターアライアンスに加盟しているわけではないので、
交渉や調整に時間がかかったのかもしれませんが、
羽田~シドニーを発売開始時にきちんと整えておくべきだったのではないでしょうか?

シドニーでは1時間20分前では
チェックインカウンターが全クローズだった!

シドニー国際空港で国内線ターミナルから国際線ターミナルへの移動がとても分かりにくいのです。
バスと電車がありますが、有料でして、バスは6ドルでした。
日本円で500円近くもするなんて、高すぎる~。


移動方法がよくわからなくて、もたつき、それでも6ドル払って移動したら、
カウンターが閉まっていまして。。。

現地スタッフ(ニュージーランド航空のスタッフらしい)がいまして、
行き先を尋ねられ、「東京です」と言ったところ、ものすごくびっくりされました。
だって、カウンターを閉めてしまっていたのですから。

Webチェックインは済ませてありましたので、荷物を預けるだけで事足りましたが、
1時間20分前でカウンタークローズってどうなんでしょう?

まぁ、2時間前までにチェックインすべしと言われていますが、
サイトには60分前で締切と書いてあります。
また、ANAで現在販売している通しのチケットと同じフライトを利用し、時間通りに到着しています。
う~ん、かなり不親切に感じました。


実は、航空会社の無料連絡バスがあります。
国際線のチケットを持っていれば、利用できるようです。
国内線でチェックインの際に国際線乗り継ぎチケットを持っていれば、
乗り方を教えてくれるようです。
ここでも、ANAで通しの航空券を購入できなかったことが裏目に出ました。
ANAのサイトには乗り継ぎ方法が出ていますので、ご参照ください。
(両親が利用する前に問い合わせたらリンクを教えてくれましたが全然目立たない。。。)


時間がないからと、出国審査用に「Express Path」という通行証をもらいました。
自動化ゲートを利用できるものでして、出国審査はスムーズに通過しました。
なので、搭乗口にはかなり余裕でつきましたよ。


そして、搭乗口でびっくりしたのはANAの日本人スタッフが沢山いたのです。
一人くらいカウンターに残っていられなかったんですかねぇ?
どう見ても、通常の国際線のスタッフより人数が多く、
新規就航路線の応援スタッフで増員されている雰囲気でした。
(管理職のような年齢が高い男性もいました)

無事に搭乗できてよかったと思いつつ、諸々疑問が残る出国となりました。


羽田空港に到着したら…
なんとクルーの荷物が一番最初に出てきました。
ええっ?プライオリティ(ビジネスクラス搭乗客とか)の人からじゃないの?
お客様の前で誰よりも先に荷物を受け取るなんて。。。
初めての光景でした。

ANAは大好きで、ずっと愛用している航空会社なんですが、
このときばかりは不満がかなり残ってしまいましたね。


余談。
ANAの国際線予約ページでシドニーはアジアに分類されています。
羽田~シドニー路線って初のオセアニア就航らしいので、
私が経験した上記のちょっとした困りごとは「初」ということに由来しているんだろうなぁ。


以上、いちこでした~。

航空券購入前にスカイスキャナーで検索比較!
あなたも旅行の達人に♪♪




ホテルや観光スポットのクチコミはトリップアドバイザーで検索!






========================
クリックするともっと素敵なブログに出会えるかも?!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。