本日ご紹介するニュースはこちら。

韓国では不景気のため、外食の回数と費用が減少しているんだそうです。

P_20171006_192949_vHDR_Auto

日本より人口当たりの飲食店の数が多いので、外食する人は相変わらず多いように感じます。
鍾路3街など庶民的なところはにぎわっています。
ですが、なんとなく混雑していないというかがら~んとしている飲食店が目に付くのです。
接待関連の法律も厳しくなり、会食の減少もあるんだと思います。

ソウル中心部へ行ってみると、粉食と呼ばれる軽食屋さんが増えているんですよね。
特にイートインスペースがあるおしゃれなキンパ屋さんがあちこちにできていました。

失業率の高さが問題になっていますので、家計を切り詰めているんでしょうね

また、デパ地下などの「中食」もブームだと聞いています。
高校生がいる家庭では家族の食事の時間がバラバラになりがちです。
外食よりもテイクアウトや中食が効率的なんでしょうね。

韓国の場合は個人経営の飲食店が多いです。
外食産業の衰退は日本以上に景気後退に結び付きやすいんですよね。

2019年の韓国の景気がどのように推移していくのか見守りたいと思います!
以上、いちこでした~。


航空券購入前にスカイスキャナーで検索比較!
あなたも旅行の達人に♪♪




ホテルや観光スポットのクチコミはトリップアドバイザーで検索!





========================
クリックするともっと素敵なブログに出会えるかも?!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。