本日ご紹介するニュースはこちら。

先日、ソウルでバスが暴走し、車など11台に次々と衝突する事故があったそうです。

日本のメディアでも紹介されていましたね。

モーニングショーは韓国ネタが好きなようでたびたび取り上げられます。
このニュースの時に気になったのが、事故現場(清涼里付近)と人気観光地である明洞を近いと紹介していた点です。
約5キロって結構離れていますよね?
確かに東大門区内での事故なので、東大門からは近いのですが…


東大門で事故があったわけではありません。
新宿区内の事故を新宿区の事故とは日本でも紹介しません。

ニュースでは紹介されなかったバス路線の詳細と韓国のバスの特徴をご紹介します。
ee249574fee20a7a321990040c25048a_s
イメージ画像ですが、これは左ハンドルのバス画像ですね。

事故があったのは202番線

実際に事故があった路線はニュース映像を確認すると、202番のようです。
202番はプラムドンとフアムドンを往復する路線のようです。
主なバス停はこちらです。
・モッゴル駅
・7号線ソンチュンファ駅
・中浪駅
・清涼里駅
・祭基洞駅
・上往十里駅
・新堂駅
・乙支路6街
・乙支路3街
・ロッテ百貨店
・南大門(スンレ門)

いちこは乗ったことがあるような、無いような(笑)
京東市場、東横イン東大門、南大門、ロッテ百貨店などに行く際に利用する可能性がある路線です。

韓国のバスは便利だけど運転が荒い

韓国は日本よりもバス路線が充実しています。
特にソウルは地下鉄駅の階段の上り下りをするくらいならバスに乗った方が早く到着することが多いです。
もちろん渋滞にはまることもありますが、バス専用レーンが多いので、それほど時間がかかりません。
韓国のバスを使いこなせるととっても便利です。

一方、運転が荒く、スピードを出すことがほとんどです。
NaverMapで調べた所要時間より早く到着するのは、バスの運転速度が速いからですよね。
(もちろん一般車も猛スピードで走っています)

そのため、急発進や急停車が多いので、乗車したらすぐに手すりに摑まることが重要です。
(いちこは座席に座っていても手すりに使っていることが多いかも)
韓国内でもバス乗車時のケガは実際に多いそうです。

先日見かけた赤いバス(ソウルと郊外の都市を結ぶ長距離バス。高速道を走ることも)は後ろのエンジンルームの扉を開けたまま高速道を走っていました。
日本だったらあり得ないですよね。恐ろし~。

いつになったら韓国のバスは安全になるのかな…
早く安全に気を付けてほしいものです。

以上、いちこでした~。

外国人の先生から本場のお料理が学べる!
英語のクラスも日本語のクラスもあるよ!



航空券購入前にスカイスキャナーで検索比較!
あなたも旅行の達人に♪♪




ホテルや観光スポットのクチコミはトリップアドバイザーで検索!





========================
クリックするともっと素敵なブログに出会えるかも?!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。