台湾最高峰の玉山登山のブログ記事へのアクセスが多い今日この頃。
ツアー申し込み方法は掲載していましたが、実際の登山について記事化していませんでした。
この度、まずは心構え編をご紹介させて頂きます~。
登山
※写真はイメージです。
玉山国立公園の日本語ページはこちら⇒ 

登山の時期

登山の時期
玉山登山に最適なシーズンは実はそれほど長くはありません。
12月~2月は標高約4000メートルの山頂を中心に積雪があります。
5月末の梅雨入り~9月は雨が多くて蒸し暑く、台風も到来します。
なので、登山のベストシーズンは4月、5月と10月、11月になります。
お勤めの人がトライしやすいのはGWと10月の連休、11月上旬の連休でしょうか?
9月のシルバーウィークも台風が心配ですが、まずまずなように思います。

いちこはGWを利用して行ってきました。

気温差に注意

気温差に注意
台湾は亜熱帯性気候の国なので、基本的には日本よりは暑いです。
一方玉山は標高が約4000メートルなので山頂はかなり寒いです。
GWに登ったいちこの場合、山頂と解散場所の気温差が35℃近くありました。
山頂の体感温度はほぼ0℃でしたが、解散場所の嘉義は約35℃でした。
徐々に下山することで気温に身体を合わせることはできますが、とはいえかなりハードです。

登山ルートは赤岳に似ている?

玉山登山ルートはいくつかありますが。
ツアーや大部分の方が利用するのは塔塔加~排雲山荘~山頂のピストンになります。
塔塔加~排雲山荘は比較的なだらかな登山道が続く美濃戸口~赤岳鉱泉、
排雲山荘~山頂は岩場がある赤岳鉱泉~赤岳山頂に似ているように思います。

高山病に注意

高山病には個人差がありますが、いちこの場合は標高3000メートルを超えると頭痛とだるさを感じます。
今回は日本で高山病対策の薬を処方してもらい、嘉義で酸素スプレーを購入しました。
薬には賛否両論がありますが、いちこは喘息持ちのため高山病の予防薬を購入して良かったと思います。
副作用の手先のしびれは多少ありました。
ツアー同行者は酸素スプレーで乗り切って全員登頂・下山をしましたが。
明らかに体調不良で食欲不振の方が数名いらっしゃいました。

山小屋の食事は日本より美味しいかも


排雲山荘の食事はベジタリアンメニューもあります。
(いちこはノンベジタリアンメニューです)

P_20170502_020720_vHDR_Auto
温かい食事を提供してくれ、美味しかったです。
P_20170502_073556_vHDR_Auto
山小屋は二段ベッドなのですが、私は単独参加だったこともあり、上段の一人スペースを頂きました。
湿布臭い(笑)寝袋でしたが、快適に眠れました。

追って写真と共に実際の登山編をご紹介します~。

以上、いちこでした~。

航空券購入前にスカイスキャナーで検索比較!
あなたも旅行の達人に♪♪




ホテルや観光スポットのクチコミはトリップアドバイザーで検索!





========================
クリックするともっと素敵なブログに出会えるかも?!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。