2017年2月のソウル・江陵旅行記です。
この旅行の最大の目的は四大陸フィギュアスケート選手権2017を観戦すること!

いちこはミーハーなので、フィギュアスケートが大好き。
日本では人気が高く、入場券はプラチナチケットですよね。
日本での観戦は夢のまた夢でした。

韓国ではまだそんなに人気が高くなく、INTERPARKで購入できると聞いたのです!
INTERPARKはミュージカルや舞台の入場券を購入するサイトでいちこは利用歴があります。
日本語ページもあり、クレジットカード決済ができるんですね!
1月にサイトを覗いてみてもまだまだ残席があり、思い切って購入しました。

日本からはHISなどの旅行会社主催ツアーがいくつか来ていました。
韓国人ガイドさん1人と日本人数人という個人ツアーも見かけました。

江陵はめぼしいホテルが大会関係者やツアーに抑えられ、ゲストハウスのドミトリーしか予約できませんでした。
宿が取れなくて、ソウルから日帰りした人もいたそうです。
宿問題は五輪の課題になりそうです。

いちこが観戦したのは下記の2つ。
男子フリー 20,000ウォン席
エキシビション 10,000ウォン席。

いちこ、実はケタを間違えていて、20万ウォンと10万ウォンだと勘違いしていたんです。
外国人料金で高いな~と思っていたのですが、むしろ日本よりもお買い得でした!
一番高い席は5万ウォンでしたが、上記2つは完売でした。
どうやらプレ五輪大会ということで抑えめの価格だったようです。

江陵市民にそうとうバラ撒かれたそうですが、空席が目立ちました。
当日は完売表示が出ていて、残念がっていた人も多く、とても残念でした。
ちなみに、男子フリーよりもエキシビションの方が埋まっていました。
他のプログラムはガラガラだったそうです)

男子フリーは審判の顔が見える南側の2階席。

正面に大型モニターがあり、とても見やすかったです!
(この席はお値段がそんなに高くなくてオススメかも!)

エキシビションはカーブのあたりの西側かなり後方。

モニターが小さくてちょっと見辛かったかな?
それでも前の人の頭に隠れて見えないということはありませんでした。

実際の観戦は感動モノ
選手のスケート靴の刃の音やBGMの音響が素晴らしく、臨場感にあふれています!
いちこみたいな2階席でも選手の姿は大きく見えましたよ!

キスアンドクライでの選手が一喜一憂する様子や、プレゼントを(羽生選手向けのプーさんの量!)回収する姿などはテレビ観戦とは一味違う印象でした。
ただ、ジャンプの種類までは分からなくてテレビの解説が聞きたかったなぁと思いました。

わざわざ江陵まで行った甲斐がありました!
11時から20時過ぎまで途中2時間ほどの休憩をはさんで疲れるかと思いましたが。
興奮していてあっという間に時間が過ぎてしまいました!

初めての江陵まで一人での移動など、緊張する場面もありましたが、無事に乗り切れました。
江原道公式ブロガーのカヨンさんに現地でお会いしたり、色々と助けて頂きました!!
(なのに、最後の最後にダイバード…)

最後に、羽生選手をはじめ出場選手たちの写真を!!
image
image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

平昌五輪も観たいな~。
チケットとれるかしら???

以上、いちこでした~。

航空券購入前にスカイスキャナーで検索比較!
あなたも旅行の達人に♪♪






========================
よかったら、クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



LINEの読者登録をしておくと、更新通知が届きます~。