いちこ見聞録。

旅と登山とグルメとカフェ巡り。ときどき映画鑑賞など。 ミーハーだけど、ちょっと難しい政治経済も取り上げます。

韓国渡航歴55回!海外旅行歴数え切れない!(笑) 旅行とグルメが大好きな東京在住会社員です。 初心者が行く北アルプスが大好きです!

雑誌に「車内でもできるストレッチ体操」が載っていたりしますよね。


今朝、実践している人を見かけました。


座席が空いているのに、腕組みしてつま先立ちしたり、


つり革つかまって腕立て伏せもどきをしたり。


かなり変でした(゜д゜;)。


やっぱりストレッチは目立たないところで行うのが一番ですね。


2日いてすっかり慣れ親しんだ全州ですが、今日は移動日。


昨日マッコリ屋さんからもらってきたゆで卵とセブンイレブンで買ったみかんで


簡単に朝食。


朝の涼しいうちに全州観光。


全州は李氏朝鮮の最初の都があったところなので、歴史的建造物がいくつかあります。


それらを観光。


映画祭のなごり(要するにごみ)が散乱していたので、やはり朝着てよかったかも。



バスで大田(テジョンへ)。スムーズに移動。


大田駅に行きたかったのですが、バスターミナルからの行き方が分からず、


タクシーで行くことに。


「テジョン駅までお願いします」と言ったら、「どの駅か?」と言われ、


はじめて私の韓国語が通じてないと不安になりました。


よくよく聞いてみると、「KTX(新幹線みたいな)のテジョン駅と西テジョン駅があるけど、


どっちなの?」ということらしい。


「西テジョンじゃなくてテジョンで!」とやっと通じました。


と思ったら、「テジョン駅のどこ?」と聞かれ、「地下鉄」と私。


「地下鉄に乗るのなら連れて行くけど」と運転手さん。


地下鉄に結構乗るので、「とにかくテジョン駅がいいの!」と私。


テンパっててもすらすら単語が出てきました。意外と上達している?



地下鉄で儒城温泉へ。韓国でも温泉はあります。


またまた無謀に宿を交渉。すぐに決まりました。


今度はオンドル部屋へ。


こんなにいろいろやったけど、まだお昼時です。


「地球の歩き方」に出ているお店がつぶれていたこともあり、


旅館の1階にあるソルロンタン屋さんへ。結構人が入っていたので。


ソルロンタンは大田地方の名物らしいのです。


ぷらっと行っただけなのに、本当においしい!!


上野で1200円のソルロンタンがおいしくなかったのですがココは600円。


やはり本場はすごいと思いました。



バスですぐの公州(コンジュ)へ。


乗り場がよく分からず、「地球の歩き方」不親切です!!


公州でもバスターミナルから中心部への行き方が書いていなくて、


乗る方向を間違えちゃったんだけど、運転手さんが優しくて


料金を追加せずに乗せてくれました。



こちらでもあまりにも暑くて、古墳なんて見ていられず。


博物館へ行こうとしたら、一山超えた畑の中にある!!


新しい建物で展示品もすばらしいんですが、

バス便はほとんどないし、バス停から遠いし。


何とかしてください。


公州城へ。地元の学生アルバイトの衛兵さんがいてちょっと面白い。



名物の山菜ビビンバを食べに行こうとしたんだけど、


同名のレストランに間違っていってしまいました。


でも、ここでカルビタンを食べたのですが、これまたおいしい!!


やわらかいカルビがたくさん入っていて、おいしかったです。


今回の旅行はおいしいものに恵まれています。


バスで儒城に戻り、ビールを飲みながらテレビを見たりして楽しみました。

(温泉は終了していたので、翌日に!)


GW、東京は雨だったようですが、韓国はとってもいいお天気でした。


なんと、全州は最高気温が30℃ドクロ


友人は涼しいと思ったらしく、長袖しか持ってこなかったようですガーン

かなり苦労していました。


旅先では、予報を見てもイマイチ分からないので、


ノースリーブ、半そで、長袖、はおりモノと


バリエーションをつけておいた方が無難です。



朝からタクシーに乗って、コンナムルクッパを食べに「三百チブ」へ。


とても有名なお店のようで是非行って見たかったのです。


コンナムルとはもやしのことなのですが、もやしってダシが出るんですね。


とてもおいしかったです。


二日酔いに効くそうですヨ。






バスターミナルに行き、「群山」へ。


映画「八月のクリスマス」のロケ地として、日本家屋が残っている海辺の街として有名です。




こんな感じ。



炎天下を歩くのは日傘と帽子があってもつらかった・・・


お昼には少し早かったのですが、名物のお刺身を頂くことに。


おっさんの「俺についてきな!」につい、ついていってしまいました・・・


おいしかったけど、一人4000円は少し高いかな・・・




コチラがメイン。



ホンオやあわびなど。潮汁がおいしい。

海老は絶対冷凍。焼き、生、蒸しが出たけどすべてイマイチ。



副菜の一部です。


韓国のお刺身は日本に比べると水っぽいのとわさびが不味い。


毒々しい緑色の粉わさびなのです。


前のプサンでの反省を生かし、


今回は「ハウスの本わさび」を持参しました。


やはり、日本のわさびのほうが全然おいしい。


友人は甘めのたまり醤油が気に入らなかったようなので、


こだわりのお醤油がある方は是非持参してください(笑)



タクシーでバスターミナルに戻り、全州に戻る。


本当は馬耳山に行きたかったのですが、降りるところを間違え、


行けませんでした。バスの中で昼寝をしたことに・・・


暑さで疲れていたからちょうど良かったかな?



よく分からないバスの旅の後、念願の「マッコリ横丁」へ。




マッコリを頼むと、やかんで出してくれ、


酒代だけでたっぷりつまみが付いてくるのです。


そのつまみだけでおなかいっぱいになります。




左に見えるやかんにマッコリが入っています。


つまみはこの他に鍋もありました。。。


三天洞にあるということは知っていましたが、「地球の歩き方」には出てません。


またしても、タクシー車に乗り、「三天洞のマッコリ横丁に連れて行ってください」と。


運転手さんは連れて行ってくれました。


写真をとり忘れたのですが、道にはマッコリの酒瓶モチーフがたくさん立っていて、


街もそれで売り出しているようです。


適当にぶらぶら歩いて、人がいるところに入りました。


韓国語のメニューが多少分かる人は、この作戦で行けばガイドブックがなくても、


おいしいものに巡りあえますよ~



偶然ですが、当日「全州映画祭」をやっていて、


私がいたお店にはソウルから来た映画関係者が来ていました。


日本ができる方がいらして、映画の話をしました。


面白かったけど、もう1軒!と言われ・・・ショック!


その人がトイレに行っている隙に英語が少しできる人に


「もう帰りたいんだけど」と言ったら、「いいんじゃない?」と言われたので、


さっさと帰ってきましたべーっだ!




この日はなんだか面白い経験がたくさんできた一日でした。


>>>三日目へ>>>


今回の旅行で5/1と5/2に代休を取っていくことにしたのですが、


休み前に仕事を終わらせようとしたら超多忙に・・・( ̄_ ̄ i)


旅行の支度は結局前日の夜中にすることになってしまいました。


頻繁に旅行に行くので、支度をするのはかなり早いです。


海外に行くときに意外と重宝するのは・・・


使い捨てスリッパ 長時間のフライトや安宿で


折りたためるバッグ お買い物で荷物が増えたときに


シートパック 外国は乾燥しているし、日焼けしてしまうので。


派手な小物 普段使うのに躊躇してしまうネックレスやピアスを使う



フライトは成田9:00だったので、成田エクスプレスの始発で行くことに・・・


家を出たのは5時半過ぎでした。



旅行のとき、私は成田エクスプレスを使うことにしています。


シートのクッションがいいひらめき電球のでぐっすり眠れるからです。


スカイライナーはカーブに酔ってしまうのでほとんど使いません。



成田ではチェックイン後、お買い物。


第1ターミナルはユニクロやTSUTAYAができてとっても便利。


Edyも使えるので、旅行には直接関係ないものを買ったりしています。


今回は帽子を忘れてしまったので、購入。あとはお土産も。




フライトはかなり揺れました。


同行の親友と行くときはなぜか飛行機運がないので、日常茶飯事です。


今回はアシアナ航空だったのですが、機内食のレベルが上がった?


おいしく頂きました。







仁川空港から全州へ高速バスで移動。


スムーズにチケットを買え、乗り場に移動中、ふと不安がよぎる。


チケットの行き先を良くみたら、「清州」ではないか!!!


両方とも日本語で書くとチョンジュなのですが、


「ン」の発音が若干違うのですねガーン


気づいてよかった~


チケットを換えてもらい、1時間ほど空港で時間をつぶし、いざ出陣。


乗客は新潟空港を利用した全州の人の模様。(ゴルフバックを持ってました)


渋滞でかなり時間がかかり、飛行機は朝早かったのに、一日がかりの移動となりました。



全州に着くも、地図を読み間違え、バスターミナルに行くのも一苦労。


でも、どうしても日暮れ前には着きたかったのです。


なぜなら、「宿が決まっていないから」得意げ


海外旅行になれている私ですが、初日に宿が未定なのはこれがはじめて。


韓国はホテルではなく、旅館であれば当日行ってもほぼ大丈夫、と聞いていたので、


韓国語の勉強も兼ねてチャレンジ。


モーテルっぽい外見が多い中、


一番きれいなところに行ってみたら、すんなり決まりましたグッド!


2人で約3600円。お風呂はソウルの安いホテルより全然きれい。


韓国ではホテルに泊まらなくていいや、と思いました。






全州と言えば、「ビビンバ」の発祥地。


おいしい全州ビビンバを食べに「ソンミダン」


本当においしかった!!これで、800円ほど。


具がたくさん入っているし、副菜(おかず)の種類も多いし。


全州がある全羅道は食が豊かなところであり、この副菜がとてもおいしいのです。


春なので、山菜があり、辛く味付けしたセリがおいしかったです。








チムジルバン(24時間営業のサウナ)に行きたいのですが、よく分からず。


そこで、タクシーに乗り、


「チムジルバンへ行きたいんです。連れて行ってください」と言い、


連れて行ってもらいました。


運転手さんはびっくりしていましたが、「今日日本から来たんです~」と言ったら、


携帯電話で奥さんかな?に問い合わせをしてくれて、連れて行ってもらいました。



入場料650円とあかすり代1500円。とっても安い。


旅の疲れだけではなく、日ごろの疲れも癒しました。


ひさしぶりにやってもらったプロのあかすりが本当に気持ちよかったです。


11時過ぎ、タクシーに乗って宿へ。


ぐっすり寝れました。


>>>二日目へ>>>


今年のGWは航空券飛行機が高く、なかなか予約ができなかったので、


近場の韓国となりました。


今回で13回目の韓国行き(出張を含みます)ですが、


ほとんどが2泊3日なので、ソウルやプサンしか行ったことがないのです。

(日帰りできる水原や慶州はありますが)




崔銀淑さんの「スパイシーソウル!」 というアサヒコムのコラムを愛読していまして、


著書も読ませて頂いたところ、「韓国の地方の魅力」に興味がわきました。




ココ2年ほど韓国語を勉強していまして、少しは話せるし、理解できるようになってきたので、


韓国語しか通じない地方でもなんとかなるさ!(かなり無謀?)と


トライしてみました。



一日目に続きます


080514_125115.jpg
坦々麺を頂きました。

ピーナッツが入っていて、太麺。

腐ナン乳(漢字分かりません)?が本格的。

とにかく美味しかった~

麻婆豆腐も食べてみたいです。

四川料理なので、大地震のことを考えました。

あの辺りも地震多発地帯なのですね。

旅行空けに切ろうと思ってて、

今日はたまたまサロン近くで直帰だったので。

私はちょっと切っただけだけど、

他の人はすごく切った!というかも。

080513_091552.jpg

白滝って増えますね~


厚揚げと豚肉と白滝の煮物、半熟卵、五穀米と明太子、ミニトマト。


こう肌寒いと、お弁当持参で外出しなくていいのは助かります。


今朝、駅まで向かう道でのこと。


自転車自転車に乗っている女性が「おねえ~さ~ん」と言って、


近づいてきます。


私が角を曲がり、面と向かっていなくても


「おねえ~さ~ん」と言い続けます。


あの~、私は妹も義妹もいないんですけど。


しかも、アナタ、自転車に子供用のカゴつけていて、


おそらく私よりも年上なんですけど???むかっ



道を聞かれるだけではなく、いろんな人に間違えられます。


かなり年上に見えたようでした。改善せねば。


↑このページのトップヘ